合格の秘訣は? 東大生×他大学生「受験のプレッシャー調査」

教育・受験 その他

東大生の99%が受験時にプレッシャーを感じていた
  • 東大生の99%が受験時にプレッシャーを感じていた
  • 東大生の3人に1人以上が受験時に下痢を心配(試験本番で最も困ること)
  • 受験時のプレッシャーによる下痢対策(現役東大生と他の現役大学生)
  • 東大生が選ぶプレッシャーに強そうな有名人 (自由回答)
  • 投稿いただいた願いの奉納の模様とお納めした絵馬
  • スマートフォンでの@トイレカレッジ利用の流れ
 ライオンは1月5日、「ストッパ受験応援プロジェクト」において東大生と他大学生を対象に行った「受験とプレッシャーに関する意識調査」の結果を公開した。

 同調査は、2011年12月7日〜8日に現役の東大生(200人)に面接アンケート調査、2011年11月25日〜29日に他大学生(500人)にWeb調査を実施。

 東大生に受験時のプレッシャーを聞いた質問で、「全くプレッシャーを感じなかった」と答えた人は200人中わずか2人であり、99%が何らかのプレッシャーを感じたことがあると答えている。

 試験本番でもっとも困ることを聞いた質問では、東大生の3人に1人が「急な下痢」をあげている。また、受験のプレッシャーなどによる下痢対策をしていたか聞いた質問に対しては、「トイレの位置を事前確認した」(32.5%)、「下痢止め薬を携帯した」(24.5%)となり、他の大学生と比較してどちらも東大生の方が高い結果となった。

 プレッシャーに強そうな有名人を聞いた質問では、男性タレントでは「明石家さんま」、女性タレントでは「前田敦子」、歴史上の人物は「織田信長」、アニメキャラクターは「ルフィ(ワンピース)」。中でも「織田信長」(44件)、「ルフィ」(23件)は東大生から多く支持された。

 「ストッパ受験応援プロジェクト」では、受験生サポートの一環として、入試で訪れる大学校舎近辺で公衆トイレを探せるアプリ「@トイレカレッジ」を2011年12月17日より展開。携帯電話・スマートフォンで首都圏・関西主要大学の周辺および最寄り駅のトイレの位置を簡単に検索することができる。

 また、2011年10月13日より開設したWebコンテンツ「ストッパ受験応援神社」では、受験生だけでなく保護者からも願いが寄せられたという。Web画面から「下痢除(よけ)祈願」の絵馬に願いを投稿(入力)することができ、絵馬は、お腹の神様を祀る京都府綾部市高倉神社へ2011年12月19日に納めたという。今後、2012年2月までの間に2回、高倉神社へ納める予定だとしている。

 さらに、同プロジェクトでは、東京大学・大学院薬学系研究科准教授 池谷裕二先生による受験生へのプレッシャー対策アドバイスを紹介。それによると大切なのは自信を持つこと。自信には確信や根拠はいらない。いつも行っていることを繰り返して、自分はできるという自己暗示をかけることが大切。また、プレッシャーを感じてもいいと思い直せば、軽減するという。

 プレッシャー対策として、試験直前10分前に次の試験科目の不安な個所を具体的に書き出すと、緊張感がほぐれ、10点ほど点数が向上したという実験結果があるという。不安な気持ちを素直に書き出すことによって、その不安が実はそんなに大したことではなかったとわかることで緊張感をほぐし、頭をクリアにすることができるのだという。

 また、集中力を高めることでプレッシャーを感じていることも忘れることができるとしている。具体的に、目を閉じてとがった三角帽子の上にミカンをのせてかぶっていることを想像する。しばらくしてから、落とさないようにイメージしてそっと目をあける。姿勢が良くなり前方に意識がいき、脳にとって分散力が減ることで集中力は目の前の机に向かうという。姿勢は背筋をピンと伸ばしてやるほうが自信を持つことができるとしている。

◆@トイレカレッジ
ダウンロード価格:無料
ダウンロードURL:http://stoppa.jp/jinja/college
(iPhone、AndroidOS のスマートフォンおよびdocomo、au、softbank 各社の携帯電話にて対応)

◆ストッパ受験応援神社
URL:http://stoppa.jp/jinja/
(docomo、au、softbank 各社の携帯電話、iPhone、AndroidOS のスマートフォンからも閲覧・投稿が可能)
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)