2013年度卒学生の就職人気企業の総合ランキング、1位は「電通」

生活・健康 その他

2013年度卒 新卒就職人気企業ランキング
  • 2013年度卒 新卒就職人気企業ランキング
  • 2013年度卒 新卒就職人気企業ランキング
 楽天が運営する口コミ情報サイト「みんなの就職活動日記」は2月8日、学生会員を対象に調査した「2013年度卒学生の就職人気企業ランキング」の結果を公開した。

 同調査は、2011年10月3日〜2012年1月9日にかけて、同サイトに登録する2013年度卒業予定の学生を対象にインターネットと就職フォーラム会場での紙アンケートを実施。6,289人の回答を得た。

 調査項目は、ノミネート企業590社から志望する企業5社を選択し、それぞれの企業について、「仕事の魅力」「会社の魅力」「雇用の魅力」「社会的責任の魅力」「採用活動の魅力」の5つの観点から、それぞれの選択理由を一つ選び算出している。

 2013年度卒学生の就職人気企業の総合ランキングは、1位「電通」(男子文系3位、女子文系7位)、2位「伊藤忠商事」(男子文系2位、女子文系5位)、3位「オリエンタルランド」(女性文系1位)がランクインした。

 志望理由については、電通は「年収が高い」(7位)のほか、「仕事が面白そう」「事業自体が社会貢献」などの回答も多かった。また、「文化・芸術・スポーツ活動に熱心」(9位)と企業の社会的責任に魅力を感じる学生が多かった。伊藤忠商事は「成長性が早い」(7位)、「教育研究に熱心」(9位)などが挙がっている。

 また、オリエンタルランドは昨年と今年の文系のランキング比較でみると3位から1位になっており、志望理由を聞いた質問では、「経営者・ビジョンに共感」(3位)、「教育研究に熱心」(5位)、「仕事が面白そう」(8位)の項目でポイントが高くなっている。

 上位10位までをみると、9社までがマスコミ、商社などが占めているのに対し、大日本印刷が9位にランクインしている。同社のホームページでは、FacebookやTwitterなどを駆使して独自の情報公開を行っており、情報更新の頻度も高く、積極的な情報公開をした結果、効率的な企業認知度アップに成功していると分析している。

 文理系別にみてみると、文系の1位は「オリエンタルランド」、2位は「JTBグループ」、3位は「伊藤忠商事」という結果となった。一方、理系は、1位に「旭化成」と「トヨタ自動車」の2社がランクインし、3位が「花王」だった。

 文系トップ3企業の志望理由を見ると、「仕事が面白そう」という項目が50%以上を占めている。また、理系トップの「旭化成」と「トヨタ自動車」については、「技術力がある」という項目が、志望理由の上位3位に入っており、自分の専門性を活かしたい理系学生の特徴が表れているとしている。

 また、「企業のどこに魅力を感じたのか」という視点からも意見を聞いている。「スキルが身につく」というテーマでは、総合41位の「三菱UFJ信託銀行」が1位となっている。「教育研修に熱心」というテーマでは、総合35位の「プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン」が1位、2位に「ニトリ」がランクイン。このほか、「地球環境に配慮している」というテーマでは、総合23位の「住友林業」が1位となっている。
《前田 有香》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)