携帯電話およびPHSの人口普及率が106.8%まで増加、2台持ちの普及が影響

デジタル生活 モバイル

携帯電話およびPHSの加入契約数
  • 携帯電話およびPHSの加入契約数
  • 加入電話およびISDNの加入契約数
  • IP電話の加入契約数
 総務省は21日、2012年9月末時点での電気通信サービスの加入契約数等について取りまとめた結果を公表した。電気通信事業者からの報告をもとに算出したものとなっている。

 それによると、2012年9月末時点での「加入電話およびISDN」の加入契約数の合計は3,462.8万加入で、前年同期と比較して8.9%減と、引き続き減少を見せている。このうちNTT東西の加入電話およびISDNの加入契約数の合計は2,990.3万加入で8.9%減となっている。

 「IP電話」の利用数は2,982.7万件であり、前年同期と比較して10.3%増加と引き続き増加。特に、0AB~J-IP電話の利用数が伸びており、前年同期と比較して15.9%増となった。

 「携帯電話およびPHS」の加入契約数の合計は、1億3,678.7万加入。前年同期と比較すると7.5%増。人口普及率では106.8%となっており、いわゆる「2台持ち」ユーザーが相当数普及していることが伺える。それぞれの加入契約数は、携帯電話が1億3197.3万加入で、PHSが481.4万加入となっている。また今回はじめて、第3.9世代携帯電話の加入契約数が公開された。それによると728.9万加入で、携帯電話の加入契約数に占める割合は5.5%となっている。

第3.9世代携帯電話の加入契約数、全体の5.5%に……総務省調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)