【高校受験2013】都立出願1日目、男子は日比谷・女子は南葛飾が倍率トップ

教育・受験 学校・塾・予備校

平成25年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(全日制・普通科)
  • 平成25年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況(全日制・普通科)
  • 平成25年度都立高等学校入試日程
 東京都教育委員会は2月7日、「平成25年度東京都立高等学校入学者選抜応募状況」(学力検査入学願書受付1日目)を発表した。都立高校の一般入試は、2月の第一次募集と3月の第二次募集とで構成される。第一次募集の願書受け付けは、2月8日正午で締め切りとなっている。

 全日制普通科(コース、単位制、島しょ、帰国対象以外)106校の募集人員21,332人に対する1日目の応募者は32,902人となり、応募倍率は1.54倍となった。募集・応募はともに昨年を上回り、倍率も昨年の1.53倍を0.01ポイント上回った。男女別にみると、男子は1.52倍(昨年1.48倍)、女子は1.57倍(昨年1.60倍)となっている。

 全日制専門学科では、全体の39校の募集5,430人に対し、1日目の応募者は7,315人で、倍率は1.35倍(昨年1.43倍)。学科別の集計では、国際科の2.78倍、科学技術科の1.97倍、芸術科の1.89倍などが上位となっている。

 なお、普通科・専門学科、単位制など含めた全日制の全体では、173校31,131人の募集に対し、46,333人の応募があり、倍率は1.49倍(昨年1.50倍)となった。

 普通科(コース・単位制以外)において、応募倍率の高い学校は、男子では、日比谷(千代田区)の2.86倍、戸山(新宿区)の2.84倍、足立東(足立区)の2.61倍などが上位となった。女子では、南葛飾(葛飾区)の2.65倍、鷺宮(中野区)の2.61倍、田柄(練馬区)・東村山(東村山)の2.55倍などが上位となっている。

 この後、2月13日の願書取下げ、翌14日の再提出期間を経て、2月23日に学力検査(学校によっては24日まで)、2月28日に合格発表が行われる。
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)