gooの約3万アカウントに不正ログイン痕跡、個人情報の流出などは確認されていない

 NTTレゾナントは3日、特定のIPアドレスから「gooID」に対して不正なログインを試みた痕跡を検知したことを発表した。4月2日11時30分ごろ、特定のIPアドレスからの秒間30件を超える機械的なログイン要求(ブルートフォースアタック)を検知した。

デジタル生活 インターネット
「gooID」ロゴ
  • 「gooID」ロゴ
  • 「gooID」紹介ページ
 NTTレゾナントは3日、特定のIPアドレスから「gooID」に対して不正なログインを試みた痕跡を検知したことを発表した。4月2日11時30分ごろ、特定のIPアドレスからの秒間30件を超える機械的なログイン要求(ブルートフォースアタック:総当たり攻撃)を検知した。

 これを受け調査したところ、約3万アカウントにおいて、不正ログインの痕跡が確認されたという。NTTレゾナントでは、該当の約3万アカウントに対してログインロック対処を施し、ユーザーにパスワード変更を依頼した。

 登録情報ページ(「氏名」「性別」「郵便番号」「住所」「電話番号」「eメールアドレス」などが登録されているページ)へのアクセスは現時点では確認されていない。また決済利用についても現時点では確認されておらず、個人情報の流出・不正利用などは確認されていないとのこと。

 「gooID」は、NTTレゾナントが提供するサービス「goo」を利用するためのアカウントサービス。

goo、約3万アカウントに不正ログインされた可能性

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)