Windows 8とAndroid両方を搭載したタブレット登場、ボタン1つで切り替え可能

デジタル生活 モバイル

Windows 8とAndroidをボタン一つで切り替えられるタブレットPC「ATIV Q」
  • Windows 8とAndroidをボタン一つで切り替えられるタブレットPC「ATIV Q」
  • さまざまなスタイルで使えるのも特長。タブレットスタイル
  • デジタルペンS Penにも対応
  • 画面を浮かせるフローティング
  • スタンドスタイル
  • 背面
  • 10.1インチのWindows 8タブレット「ATIV Tab 3」
  • 「ATIV Tab 3」
 サムスン電子は20日(現地時間)、ロンドンで開催中のSamsung PREMIERE 2013でWindows 8とAndroid OSの両方を搭載したタブレットPC「ATIV Q」を発表した。

 「ATIV」ブランドは、サムスン電子のWindowsノートやタブレット、オールインワンPCなどを包括したブランド。20日発表された「ATIV Q」は、Samsung PREMIERE 2013の目玉的存在と言える端末だ。

 「ATIV Q」は、ディスプレイにマルチタッチ対応の13.3インチ、解像度3,200×1,800ピクセルというqHD+の高精細ディスプレイを備えた。デジタルペンS Penにも対応する。OSにWindows 8とAndroid 4.2.2を搭載。この2つのOSを再起動することなくボタン一つで切り替えることが可能で、Windows画面にAndroidアプリをピン留めして直接起動することもできるのが大きな特長。WindowsとAndroid間でファイル転送やフォルダ共有も行える。

 4つのスタイルに変えられるヒンジ設計が採用されているのも特長のひとつ。タブレット、ノートPC、画面を浮かせたフローティング、画面をひっくり返して立てたスタンドの4つの形状にすることが可能だ。

 CPUはCore i5 (Haswell)、メモリは4GB、ストレージは128GB SSD。インターフェースはUSB 3.0×1、USB 2.0×1、HDMIなどで、カメラは1600万画素CMOSを装備した。本体サイズは幅327.0mm×高さ217.8mm×奥行13.9mmで、重量は1.29kg。

 「ATIV」ブランドでは、10.1インチのWindows 8タブレット「ATIV Tab 3」も発表した。プロセッサはATOM Z2760、メモリは2GB、ストレージは64GB SSDで、厚さが8.2mmと世界最薄としている。Office Home & Studentがプリインストールされており、S Penも使用できる。重量は500g。

サムスン、Windows 8とAndroidをボタン一つで切り替えられるタブレットPC「ATIV Q」など発表

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)