「手洗い新聞」の発行に向け小学生記者を100名募集、ユニセフ

生活・健康 健康

「手洗い新聞」子ども記者・特派員募集(ポスター)
  • 「手洗い新聞」子ども記者・特派員募集(ポスター)
  • 「手洗い新聞」子ども記者・特派員募集(参考画像)
 日本ユニセフ協会は、「10月15日世界手洗いの日」プロジェクトの取り組みとして、小学生有志による「手洗い新聞」を発行する。記事を書いてくれる子ども記者や取材を行う特派員など計100名を7月21日まで募集する。

 ユニセフによると、世界で5歳の誕生日を迎える前に亡くなる子どもは年間690万人、約4.6秒にひとりの子どもの命が失われている。その原因となる病気の多くは予防可能なもので、石けんを使った「正しい手洗い」を行うことができれば下痢や肺炎で亡くなる子どもたちの命100万人を守ることができるという。

 今回発行する「手洗い新聞」は、「10月15日世界手洗いの日」に合わせ「正しい手洗い」の大切さを発信していく取り組み。子どもたちが作った新聞は実際に新聞となるほか、イベントやWebサイトでも発表されるという。今回は、自分で新聞を作る「記者」、工場などの見学や著名人への取材を行う「特派員」の2職種を募集している。

 日本ユニセフでは、今回の企画により、子どもたちに「正しい手洗い」を知ってもらい、その大切さを周りの人を始め広く伝えてもらいたいという。

◆手洗い新聞 記者・特派員募集
対象:小学1~6年生
定員:100名、応募多数の場合は抽選
応募方法:インターネット
締切:7月21日(日)
当選発表:7月25日(木)までに、記者キットまたは特派員キットを発送。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)