神奈川県「体罰防止ガイドライン」を作成、校内研修などへ活用

教育・受験 その他

神奈川県 ホームページ
  • 神奈川県 ホームページ
  • 「体罰防止ガイドライン」
  • 「校内研修ツール」
  • 「校内研修ツール」のチェックシート
 神奈川県は7月16日、「体罰防止ガイドライン 神奈川からすべての体罰を根絶するために」および、別冊「校内研修ツール 子どもたちの思いとともに」を作成したと発表した。

 同ガイドラインは、平成25年1月から3月の体罰の実態把握調査において、県内公立小・中・高・特別支援学校で153件の体罰事案を把握した結果を受けて作成されたもの。

 ガイドラインの内容は、神奈川県における体罰の考え方、体罰によらない指導の充実、神奈川らしい部活動のあり方など。教職員の意識改革に向けて、体罰と判断した事例や指導例などの具体的事例を多く示し、毅然とした指導の必要性を示している。また、望ましい部活動の実施に向けて、体罰が起こる要因、有識者や指導者からの提言や実践例を示したほか、神奈川県出身のアスリートやアーティストによるメッセージを記載している。

 校内研修ツールには、研修方法の流れや研修で活用するチェックシート・ワークシート等を具体的に示し、実践しやすいものとしたという。また、怒りの感情をコントロールする方法等を示している。

 今後、これらを教育委員会や各学校における研修で活用するとともに、PTAや地域のスポーツ団体などにも周知し、体罰の根絶に向けた取組みを行っていくという。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)