青学など3者がデジタル教科書活用実験を開始

 青山学院大学と京セラ丸善システムインテグレーション、東洋経済新報社の3者は、9月24日より青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科で、翻訳教科書「スティグリッツ公共経済学」のデジタル教科書活用実験を開始する。

教育ICT 学校・塾・予備校
サービスイメージ
  • サービスイメージ
  • クライアント動作環境
 青山学院大学と京セラ丸善システムインテグレーション、東洋経済新報社の3者は、9月24日より青山学院大学経済学部現代経済デザイン学科で、翻訳教科書「スティグリッツ公共経済学」のデジタル教科書活用実験を開始する。

 現代経済デザイン学科では、1年次・後期に必修専門科目「公共経済学I」の教材として東洋経済新報社が発行する翻訳教科書「スティグリッツ公共経済学」を使用している。今回、デジタル教科書のデータ配信を行い、1年生の約半数にあたる70名に貸与したタブレット端末(iPad mini/Nexus7)で活用実験を行う。

 デジタル教科書は、複数大学で電子学術書籍の配信に採用されている「BookLooper」を使用する。マルチデバイスに対応しており、PCやiPad、iPhone、Android端末から閲覧が可能。また、ダウンロード方式なので、教室や図書館、自宅など場所を問わない。デジタル教科書の活用により、専門書の持ち運び負担の軽減や、検索機能を利用して教科書を辞書のように活用するなどの学習の効率化が期待できる。

 同大学は、2014年春より経済学部生全員にデジタル教科書を順次導入することを検討している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)