【夏休み】愛知県内の企業を訪問「親子の会社見学」7/22より全4回

教育・受験 その他

名古屋市立大学
  • 名古屋市立大学
  • 名古屋市教育委員会生涯学習課 
 名古屋市教育委員会は、名古屋市立大学と連携し、小学生とその親を対象とした公開講座「お父さん、お母さんはどんな仕事をしているんだろう?親子の会社見学」を、7月22日から31日の期間中、4回開催する。

 本講座は、小学3年生から6年生の児童とその保護者の親子を対象としたもので、愛知県内の企業を訪問し、職員の仕事の様子を見学し、話を聞いたり、手伝いをすることにより、社会の中でのお父さん、お母さんの仕事について学んでもらい、家族のコミュニケーションを図ってもらおうというもの。

 第1回は「どうやって必要なものを必要なときにつくるんだろう!?」をテーマに、大同特殊鋼築地テクノセンターを見学する。第2回は「テレビ・ラジオの番組はどうやって作るの!?」中部日本放送(CBC)、第3回は「工場では地球環境にどう取り組んでるの!?」パナソニックエコシステムズ、第4回は「新聞の紙面はどんなふうにしてつくるの!?」中日新聞名古屋本社となっている。すべての講座は、名古屋市立大学教授 角田隆太郎氏と、各見学先の企業の職員が講師を務めることになっている。

 参加は、ホームページより事前に申込みが必要で、基本的に全4回参加できることが条件となる。

◆お父さん、お母さんはどんな仕事をしているんだろう?親子の会社見学
開催日時:7月22日(火)、24日(木)、29日(火)、31日(木)13:30~15:00
会場:大同特殊鋼 築地テクノセンター、中部日本放送(CBC)、パナソニック エコシステムズ、中日新聞 名古屋本社
対象:小学3年生~6年生とその親
定員:10組
参加費用:無料
参加方法:Webサイトにて申込
申込締切:6月25日(水)
※申込み多数の場合は抽選
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)