【大学受験2015】文科省、国公立大学の2段階選抜実施予定倍率を発表

教育・受験 受験

2段階選抜実施予定倍率一覧
  • 2段階選抜実施予定倍率一覧
  • 2段階選抜実施予定倍率一覧
 文部科学省は12月19日、平成27(2015)年度国公立大学の2段階選抜実施予定倍率を発表した。東京大学や京都大学、北海道大学、東北大学、名古屋大学、大阪大学、九州大学など61大学で2段階選抜の実施を予定している。

 2段階選抜(いわゆる足切り)の実施を予定しているのは、国立43大学と公立18大学の計61大学。

 実施予定倍率について、東京大学は文科一類・二類・三類が3倍、理科一類が2.5倍、理科二類が3.5倍、理科三類が4倍、理科三類以外(後)が5倍。

 京都大学は総合人間・文・教育・法・経済学部が3.5倍、理学部がセンター試験900点満点中630点以上、医学部医学科が900点満点中630点以上かつ3倍、医学部(人間健康科学科)が5倍、薬・農学部が3.5倍、工学部が3倍。

 また、名古屋大学医学部医学科(後)、大阪大学医学部医学科(前)、神戸大学医学部医学科(前)、長崎大学多文化社会学部・水産学部、大阪市立大学医学部医学科(前)においてもセンター試験の得点による2段階選抜を行う。

 第1段階選抜合格者発表は、前期日程が2月11日(水)まで、中期日程が2月20日(金)まで、後期日程が2月28日(土)までに行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)