21世紀型スキル育成支援連携、つくば・奈良で教職員向けフォーラム開催

教育ICT 学校・塾・予備校

21世紀型能力を考えるフォーラム2015 inつくば
  • 21世紀型能力を考えるフォーラム2015 inつくば
  • 21世紀型能力を考えるフォーラム2015 in奈良
  • 21世紀型スキル育成支援連携(略称:21CS)
 つくば市教育委員会と奈良教育大学は、インテル、日本マイクロソフト、ピアソン・ジャパンの3社が協働で運営する「21世紀型スキル育成支援連携(略称:21CS)」の協力のもと、「21世紀型能力を考えるフォーラム2015」を開催する。

 21CSは、2014年12月6日~2016年3月末までを試行期間として3社が連携して取り組んでいる試み。教育現場における21世紀型スキル育成を進めるため、教員研修のコンテンツの充実や利便性向上を目的とした活動を行っている。

 今回のフォーラムは、21CSがつくば市教育員会、奈良教育大学にそれぞれ協力し、各会場にて開催されるもの。両会場ともに、21世紀型スキルをめぐる世界のトレンドと先進的事例と題して、「A Rich Seam 豊かな学び」の共著者であるMaria Langworthy氏による基調講演が行われる。

 また、つくば会場では、日本の実践例としてつくば市の学校ICT教育の現状や取り組み実例、また1人1台タブレット端末導入による荒川区の挑戦などの発表が行われる。奈良会場では、「21世紀型能力に関する奈良発の取り組みと展望」と題して、畿央大学教授や県立高校教諭、県教育委員会職員などを招いてのパネルディスカッションが行われる。

 開催日は、つくば会場が3月28日、奈良会場が3月30日。対象は、教職員など教育現場に携わる人、関心がある人に限られている。入場は無料だが、事前にFAXでの申込みが必要。

◆21世紀型能力を考えるフォーラム2015
【つくば会場】
日時:2015年3月28日(土)10:00~12:30(9:30~受付開始)
会場:オークラフロンティアホテルつくばアネックス(つくば市吾妻)
【奈良会場】
日時:2015年3月30日(月)13:00~16:00(12:30~受付開始)
会場:奈良教育大学 大講義室L4(奈良市高畑町)

参加費:無料
対象:大学関係者、教育委員会および小、中、高等学校の教職員など、教育現場に携わる方
定員:先着順200名(200名に達し次第締め切り)
申込方法:フォーラム特設サイトにある申込み用紙をダウンロードのうえ、FAXにて申込み
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)