【学校ニュース】KUIS、駒大、日工大、東農大、法大、京産大、立命大、広国

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。4月1日は神田外語大学、駒澤大学、日本工業大学、東京農業大学、法政大学、京都産業大学、立命館大学、広島国際大学の情報を紹介する。

・【神田外語大学】神田外語大学が4月8日に新学生寮KAERをオープン――海外留学生活を成功に導くためのグローバルレジデンス(Global Residence)
 学生時代に留学を経験することが稀ではなくなっている昨今、語学の研究専門機関でもある神田外語大学(千葉県美浜区/学長 酒井邦弥)は、海外留学を目指す学生のために、単なる「寮」としての機能だけでなく、集中して英語や各国の学習習慣、生活様式などを学ぶ環境とプログラムを整えた新学生寮「KAER」(通称:カエル/Kanda Academic English Residence)をオープンする。

・【神田外語大学】神田外語学院から、姉妹校の神田外語大学をはじめ全国の大学・大学院に2014年度295名が編入学・進学
 神田外語グループ(東京都千代田区/理事長 佐野元泰)の専門学校である神田外語学院(東京都千代田区/学院長 糟谷幸徳)から、高いレベルの語学力を身につけた学生たちが新たな進路先として、「就職」という選択だけでなく、全国の国公私立大学や大学院へ編入学・進学をする学生が増えている。同学院では、姉妹校の神田外語大学(千葉県美浜区/学長 酒井邦弥)をはじめ、指定校推薦編入学、一般編入学、提携大学への編入学のサポートを行っており、2014年度は295名の学生が編入学・進学試験に合格している(2015年3月26日時点)。

・【駒澤大学】駒澤大学が「100円朝食」を今年度も継続――健康的な学生生活を支援、4月13日から提供開始
 駒澤大学(東京都世田谷区/学長:廣瀬良弘)は、昨年度から始めた「100円朝食」の取り組みを今年度も継続する。これは、毎朝規則正しく朝食を摂ることで、健康的な学生生活を送ることを目的としたもので、在学生を対象に100円の朝定食を提供する。同大の教育後援会の支援により、4月13日から12月まで実施することが決まっている。

・【日本工業大学】キャンパスにある花の名所――日本工業大学の「桜の広場」
 日本工業大学の宮代キャンパスには、その名も「桜の広場」と呼ばれる桜の名所がある。約1万平方メートルの敷地に71本の桜が植えられており、満開時期には見事な景観が広がる。

・【東京農業大学】東京農業大学「食と農」の博物館が企画展示「応用生物科学部5学科合同展―伝統技術から最先端のバイオテクノロジーまで―」を開催
 東京農大「食と農」の博物館(世田谷区上用賀2-4-28)では、平成27年4月1日から企画展示「応用生物科学部5学科合同展―伝統技術から最先端のバイオテクノロジーまで―」を開催する。

・【東京農業大学】東京農業大学「食と農」の博物館が企画展示「学術情報課程―その教材と研究資料―」を開催
 東京農業大学「食と農」の博物館(世田谷区上用賀2-4-28)では、平成27年4月1日から企画展示「学術情報課程―その教材と研究資料―」を開催する。

・【法政大学】団地・地域のコミュニティづくり「@団地 大学×地域 活性化プロジェクト」――法政大学
 法政大学多摩地域交流センターは、多摩キャンパスにほど近い団地「グリーンヒル寺田団地」にて、地域コミュニティ再生の「@団地 大学×地域」プロジェクトを行っている。
「@団地 大学×地域」プロジェクトは、法政大学多摩キャンパス周辺にあるグリーンヒル寺田団地が、現在は空き家、少子高齢化、コミュニティづくりなど、さまざまな課題を抱えていることを受けて発足。2014年5月から7月まで、リノベーションのパイオニア「団地R不動産」の協力を得て3回の連続ワークショップを開催し、学生や地域の皆さんとともに、キャンパス近隣地域の団地に向き合った。その後、ワークショップの結果を受け、団地の空き店舗を利用した企画「おいでよ!アッとほーむ」を学生・地域で協力し開催している。

・【京都産業大学】京都産業大学 神山天文台が「皆既月食解説講座・観望会」を実施
 京都産業大学神山天文台では4月4日、同日夜に見ることができる皆既月食をより楽しんでもらおうと、短時間で月の様子が変わる謎に迫る「解説講座」を実施。その後、天文台屋上と前の広場を開放し、皆既月食観望会を行う。

・【立命館大学】ビジネスマンに「即戦力」プログラムを提供 ~4月1日、立命館アカデミックセンターを設置
 立命館大学は、産業界などで高まる「職業に結びつく知識や技能を高める実践的なプログラム」の提供を拡充するために、4月1日より「立命館アカデミックセンター(ACR)」を設置する。同センターでは、産業界などが求める即戦力育成のニーズに即したビジネスマン向けのプログラムを教育関連企業などと連携し開発、提供する。

・【広島国際大学】広島国際大学と広島市内を結ぶバスの直通便が新設
 広島国際大学東広島キャンパスと広島市内のバスセンターおよび広島駅を結ぶバスの直行便が新設され、4月9日から運行が開始される。これまで市内からの通学は電車とバスの乗り継ぎが必要だったが、直行バスで行けることにより、乗り継ぎの不便さがなくなる。また、東広島キャンパスまでの通学時間が100分から60分へと大幅に短縮され、時短で通学がさらに便利になる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)