こと座流星群、22日夜から全国で観測チャンス…7か所から生中継

生活・健康 その他

流星見えるかなマップ
  • 流星見えるかなマップ
  • 特設サイト「4月こと座流星群2015」
 4月22日夜から「4月こと座流星群」が観測チャンスを迎えるのを前にウェザーニューズは当日の天気予報を発表した。北日本や西日本を中心に全国で流星観測が期待できそう。24時間ライブ放送番組では、全国7か所から流星のようすを生中継する。

 ウェザーニューズによると、22日夜~23日夜明け前は、北日本の太平洋側や西日本の日本海側ほど、高気圧に覆われてよく晴れる見込み。東日本などは、低気圧や前線、湿った空気の影響で雲が広がりやすく、雲の切れ目からの観測になりそう。

 最新の「流星見えるかなマップ」では、中国地方全域をはじめ、北海道や九州、近畿、四国地方の一部について「バッチリ見える」と予想。それ以外の地域はすべて「チャンスあり」とされており、日本全国で流星が見えるという予想になっている。

 「4月こと座流星群」は、23日午前8時50分ごろに極大を迎える。そのため、22日深夜から明け方へ近づくにつれて、流星の数が多くなりそう。条件が良ければ、1時間に10個程度の流星が見られるとされ、突発的に多くの星が流れることもあるという。

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」(BS910)では、22日22時から特別番組を放送。23時から25時までは、全国7か所のロケ先から流星のようすを生中継し、流星映像と観測スタッフのコメントをリアルタイムで伝える。

 なお、番組はスマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」とインターネットサイト「ウェザーニュース」の「SOLiVE24Ch.」、特設サイト「4月こと座流星群2015」、テレビ(BS 910ch)、YouTube、ニコニコ生放送で視聴することができる。

 また、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」でも、「4月こと座流星群」の専用サイトを開設。カメラがとらえた流星映像を3分以内にスマートフォンに知らせるサービス「流星キャッチャー」の事前登録も受け付けている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)