世界的プログラミング教材「コードモンキー」1か月無償トライアル8/1-30

教育ICT その他

コードモンキーに取り組むようす
  • コードモンキーに取り組むようす
  • コードモンキー
  • CodeMonkey Trial Japan 2016
 ジャパン・トゥエンティワン(J21)は、オンラインのプログラミング学習ゲーム「CodeMonkey(コードモンキー)」の有料ライセンスを8月の1か月限定で無償提供するトライアルプログラム「CodeMonkey Trial Japan 2016」を実施する。7月31日まで応募を受け付けている。

 コードモンキーは、15年程前から世界に先駆けてプログラミングを義務教育に取り入れた、イスラエルにて開発されたプログラミング学習ゲーム。9歳以上を推奨年齢としており、イスラエルでは全小中学校1,700校に導入され25万人以上の生徒が使用しているほか、米国、英国、フランスなどの教育機関でも採用され、全世界の総ユーザー数は130万人を超えるという。

 サルの「モンタ」がゴリラに奪われたバナナを取り返すため、ゲーム内の障害物を避けるための問題点と解決策を見つけ、コンピューター言語の「コード」や関数、繰り返し処理を使ってモンタに指示を出しながらプログラミングの基礎を学習していく。未経験者でもゲーム感覚で実践的なプログラミングを学習できる仕組みが評価されているという。

 今回のキャンペーンでは日本の教育市場での普及を目指し、8月1日から31日までの1か月間、無償でコードモンキーをプレイできるライセンスを発行する。対象は小・中学生に限らず、年齢、性別、プロ、初心者問わず、誰でも応募可能で、10名以上30名未満の団体・グループでの参加が条件となる。キャンペーンで入賞したグループには、10月開催予定のコードモンキーイベントに招待するなどの入賞特典が進呈される。

◆CodeMonkey Trial Japan 2016
期間:8月1日(月)~31日(水)
対象:10名以上30名未満の団体・グループ、年齢・性別・初心者・経験者問わず
参加費:無料
申込方法:代表者がWebサイトの申込フォームより申し込む
申込締切:7月31日(日)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)