タニタ、川崎市52校の中学校給食メニューを監修

生活・健康 中学生

とり肉のきのこソースかけ給食(1月提供の冬献立)
  • とり肉のきのこソースかけ給食(1月提供の冬献立)
  • タニタ
  • 川崎市
 タニタは、2018年5月より「健康給食@川崎プロデュースby TANITA」として、神奈川県川崎市立中学校の全52校のメニューを監修する。タニタが給食の定番メニューを監修して提供するのは、全国で初めて。

 「健康給食@川崎プロデュースby TANITA」では、川崎市と連携して、成長期における食事と運動のバランスや、はかることの大切さについての教材を作成。タニタ監修の給食提供日には、各校で食育に関する特別授業を実施する。メニューは季節ごとに異なる4メニューを用意し、食材には旬の野菜などを使用するという。

 学校給食はバランスの取れた食習慣の形成や、成長期のからだづくりに必要な栄養素の摂取などの役割がある。メニューは、学校給食の規定を踏まえつつ、タニタの管理栄養士と川崎市の栄養士とで進める。栄養バランスが高まるように野菜を豊富に使用し、野菜は通常よりも大きくカットして咀嚼回数を増やす調理法を採る。よく噛んで食べることで満足感を得られやすくなることを体感し、噛むことの重要性を学べるメニューとなっているという。

 タニタで提供している「タニタ食堂」のメニューは、成人の健康的な栄養バランスを考え、エネルギーが500kcal前後、塩分が3g以下のレシピ。しかし、給食メニューでは、中学生の食事摂取基準に合わせてアレンジしている。たとえば、5月は「タラのから揚げ野菜あんかけ給食」(エネルギー789kcal、塩分2.2g)、7月は「かぼちゃと豚肉のオイスターソース炒め給食」(エネルギー792kcal、塩分3.0g)、10月は「とり肉のはちみつマスタード焼き給食」(エネルギー891kcal、塩分2.3g)、1月は「とり肉のきのこソースかけ給食」(エネルギー799kcal、塩分2.9g)などを予定。季節に合わせたメニューとなっており、「タニタ食堂」のメソッドを生かした給食が提供される。

 タニタと川崎市では、共同で市民の健康増進・健康寿命の延伸にも取り組む予定。具体的には、からだの状態や活動量・歩数を「見える化」する健康増進パッケージ「タニタ健康プログラム」の提供や、2018年4月より市内在住の中学生とその保護者を対象に、体組成計や活動量計での計測と調理実習、健康セミナーなどの実施を予定している。
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)