0歳からのプログラミング玩具「KUMIITA」4/20クラウドファンディング開始

教育ICT 未就学児

0歳からのプログラミング知育玩具「KUMIITA」
  • 0歳からのプログラミング知育玩具「KUMIITA」
  • 「KUMIITA」イメージ
  • プログラムコマンドが描かれたパネルイメージ
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
  • 使用イメージ
 ICONは、0歳からプログラミングを学べる知育玩具「KUMIITA(クミータ)」のクラウドファンディング・キックスタータープロジェクトを、4月20日午後11時(日本時間)より開始する。パソコンがなくても、カードとロボットを使ってプログラミングの概念を学ぶことができる。

 「KUMIITA」は、0歳~3歳を対象とした、コンピュータープログラミングの基礎を遊びながら体得できる知育玩具。プログラムコマンドが描かれたパネルを自由に並べて、ロボットをゴールに導くゲームだ。次世代に必要なプログラミング教育を、遊びながら体験できる。

 ロボットは自走型のため、移動しながらパネルに描かれた発光・動作・音声などのコマンド情報を順次読取り実行する。移動ロボットの動作をコンピューター処理に見立てて、「分岐」「ループ」といった基本的なプログラム手法を「無言語の世界」で学習できるのが特徴だ。パネルには「エラー停止」の概念もあり、「デバック」の学習も行うことができる。

 「KUMIITA」は、通常の販売ではなく、インターネット上で製品を希望する者から資金を調達し、集まった資金で生産を行うクラウドファンディングで支援者を募集。米国企業が運営する最大規模のクラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」で、日本時間の4月20日午後11時より募集を開始する。

◆KUMIITA キックスタータープロジェクト
募集開始:2017年4月20日(木)23:00より
製品情報:
 超早割基本セット(パネル40枚)195ドル(限定50)
 早割基本セット(パネル40枚)225ドル(限定50)
 通常基本セット(パネル40枚)280ドル
※支援者には2017年クリスマスまでにリワード報酬が送られる予定
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)