学校関係者向け、ロボティクス活用事例紹介やワークショップ7/16

教育業界ニュース イベント・セミナー

Robotics Education Day~ロボティクスが拓くエンジニアリングの実践・教育~
  • Robotics Education Day~ロボティクスが拓くエンジニアリングの実践・教育~
  • 教育事例の発表者(一部)
  • アフレル
 ロボット技術やプログラミングによる教育支援を行うアフレルは、ロボットを活用したエンジニアリングの実践・教育の取組み紹介・ワークショップ・展示を一堂に集めたイベント「Robotics Education Day」を7月16日に開催する。参加費3,000円で、定員は150名。申込みはWebサイトで受け付けている。

 「Robotics Education Day(ロボティクス エデュケーション デイ)」は、大学・高専・専門学校の教育関係者や企業のエンジニア、人事部門などで人材育成に携わる人を対象としたイベント。「ロボティクスが拓くエンジニアリングの実践・教育」をテーマに、産業界・教育界における事例紹介やワークショップ、展示、ロボット教材の体験などを行う。

 AI、IoT、ロボットなど科学技術が飛躍的に発展し、エンジニアリングを理解し活用できる人材育成が求められている中、AI、IoT、ロボット、医療など、さまざまな分野での教育・事例紹介や情報交換、意見交換を通して「これから求められる力とは何か」について探ることを目的としている。

 当日は、映像解析系などの研究開発や、オープソースChainer、CuPyの開発を行ったPreferred Networksのチーフアーキテクト・奥田遼介氏による特別講演を実施。そのほか、舞鶴工業高等専門学校 電子制御工学科・川田昌克教授や、東京農業大学 地域環境科学部生産環境工学科・佐々木豊教授、芝浦工業大学 デザイン工学部・野田夏子准教授など6件の教育事例紹介と、1件の企業事例紹介を行う。

 また、アフレルが正規代理店を務める「LEGO education」の教育版レゴ マインドストームEV3やレゴ WeDo 2.0、「NATIONAL lNSTRUMENTS」のmyRIO、「Virtual Robotics ToolKit」といったロボティクス・プログラミング教材のワークショップや体験会、展示も行われる。

 参加費は、懇親会費込みで3,000円。申込みはWebサイトの専用フォームで受け付けている。各プログラムの実施時間や内容などの詳細もWebサイトで確認できる。

◆「Robotics Education Day~ロボティクスが拓くエンジニアリングの実践・教育~」
日時:2017年7月16日(日)13:00~18:00(18:00~20:00懇親会)予定
場所:品川シーズンテラス
対象:大学・高専・専門学校の教育関係者や企業のエンジニア、人事部門などで人材育成に携わる人
定員:150名
参加費:3,000円(懇親会費込み)
※参加者にはアフレルショップで利用できる3,000円分のクーポンを進呈
申込方法:Webサイトから申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)