【夏休み2017】カシオ創業者「樫尾俊雄発明記念館」企画展示や体験イベント

教育イベント 小学生

そろばんと電卓を比較
  • そろばんと電卓を比較
  • 紙の辞書と電子辞書を比較
  • 電卓分解組立教室
 樫尾俊雄発明記念館は7月21日~8月31日、小学生親子を対象とした夏休み企画展示や体験イベントを開催する。参加費は無料。事前申込制となっており、Webサイトにて先着順で予約を受け付けている。1日2回開催され、定員は各回5組。

 樫尾俊雄氏は、カシオ計算機を創業した樫尾兄弟の次男。6歳のときにエジソンに感動し、発明家を志したという。1957年には、世界初となる小型純電気式計算機「14-A」を完成し、カシオ計算機を設立。その後も、電卓や時計、電子楽器など数多くの発明品を世に送り出した。

 樫尾俊雄発明記念館では夏休み期間中、小学生向けの夏休み企画展示「デジタルってなに?」を実施。電卓とそろばん、ストップウォッチと砂時計、書籍の辞書と電子辞書など、実物を比べて体験しながらデジタル技術の原理や、デジタル化によるメリットを学ぶことができる。

 体験型の展示になっているので、数々の独創的な製品を生み出してきた樫尾俊雄氏の発明力を、子どもたちに夏休みの自由研究として楽しみながら感じてほしいという。

 また、期間中の一部日程では体験イベントも開催。8月1日に開催される「発明家になろう」では、G-SHOCKの開発者である伊部菊雄氏とともに世界に1つのオリジナルG-SHOCKを考える。ほかにも、スマホアプリを使って作曲家体験ができる「はなうた作曲教室」や、「高速撮影体験」「電卓分解組立教室」など5つの体験イベントが予定されている。

 参加費は無料だが、事前予約が必要。予約は、樫尾俊雄発明記念館Webサイトの夏休み企画展示ページで受け付けている。1組で子ども1~2名まで、保護者の同伴が必要。なお、夏休み企画展示期間中の通常見学は午前9時半~午前11時半までとなる。

◆樫尾俊雄発明記念館 夏休み企画展示&体験イベント
開催期間:2017年7月21日(金)~8月31日(木)
開館日:期間中の平日(休日営業する場合もある。詳細はWebサイトで確認できる)
実施時間:1回目12:30~、2回目15:00~
所要時間:1~1.5時間
対象:小学生(保護者同伴必須)
定員:各回5組
※1組に子ども1~2名
※小学生でない兄弟の同伴も可
※子どもが3名以上の場合は、人数分の組数の予約が必要(例:子ども3名の場合は2組分、子ども5名の場合は3組分)
参加費:無料
予約方法:Webサイトにて先着順で受け付けている
体験イベント:
2017年8月1日(火)発明家になろう ~自分だけのG-SHOCKをつくってみよう~
2017年8月3日(木)はなうた作曲教室
2017年8月9日(木)・29日(火)高速撮影体験
2017年8月22日(火)電卓分解組立教室
2017年8月23日(水)計算探検 ~世界を楽しく計算しよう~
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)