紫外線から生徒を守れ、沖縄公立中がウェアラブルデバイス「QSun」導入

教育業界ニュース 教育ICT

QSunデバイスを活用してコートのリアルタイム紫外線を確認する生徒たち
  • QSunデバイスを活用してコートのリアルタイム紫外線を確認する生徒たち
  • 公立中学校初のQSun導入を推進した沖縄県北谷町立桑江中学校・當山功一郎教諭
  • QSun-リアルタイム紫外線・気温測定ウェアラブルデバイス
 日本最先端の紫外線研究・予防サービス「日盾UVケアラボ」を展開するレッドマルスADベンチャーと沖縄県・北谷町立桑江中学校の教諭は共同で、リアルタイム紫外線測定ウェアラブルデバイス「QSun」を活用した、屋外部活動での本格的な生徒の紫外線予防に着手したと発表した。

 リアルタイム紫外線測定ウェアラブルデバイス「QSun」は、リアルタイムにUVや気温を測定し、アプリと連動して塗布するべき日焼け止め量や再塗布時間、太陽の下で安全に過ごせるかなど、必要な予防対策をひと目で知らせるカナダ発の紫外線予防サービス。公立中学校の保健指導教材として「QSun」が導入されるのは今回が初めてとなる。

 生徒の本格的な紫外線予防に共同で取り組んだのは、北谷町立桑江中学校の2学年主任・當山功一郎教諭。以前より観光客が沖縄のビーチで過剰に日焼けし緊急搬送されたり、紫外線予防に対し偏見が残る沖縄県の現状に疑問を抱いていた中、「QSun」の存在を知り個人的に利用を開始。学校で活用して生徒の紫外線対策に役立てる方法を模索したという。

 まずは「QSun」を使い、部活動で利用するテニスコートの紫外線量を練習前に必ず部員全員でチェック。3種類に分類される部員の肌タイプごとに最適なサンスクリーン剤塗布量を確認し、塗布を徹底するという。太陽の下にいるのが危険ほど紫外線が強い場合や、35度以上の気温を観測した場合などは屋内練習に変更するなど、臨機応変な予防も実施。リアルタイムの気温も同時に計測できるため、31度以上の場合は多めの水分補給やこまめな休憩を取るよう指導するなど「熱中症」予防にも役立てている。

 QSunの導入にあたり、當山教諭は「紫外線量の増加に伴い皮膚がんや白内障リスクの高まりが懸念される中、積極的に生徒の将来の肌と目の健康支援に取り組むべき時にきているのではないか。紫外線予防知識を早い段階で生徒に広め、予防意識改革を行っていくためにも学校で積極的に導入してほしい」とコメントを寄せている。

 QSunは、医療機関や学校、スポーツ機関などへの導入促進のため、特別価格6,750円(税込)で提供中。Webサイトから購入できる。なお、アプリはiOS、Androidいずれも対応しており無料でダウンロード可能。

◆QSun-リアルタイム紫外線・気温測定ウェアラブルデバイス
発売日:2017年3月7日(火)
サイズ:名刺の3分の1
特別価格:6,750円(税込)※別途、送料200円(日本国内一律)
販売先:オンラインストア
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)