【大学受験2018】駿台、データネット2018の案内掲載…集計カードは12月下旬配布

 駿台は2017年12月11日、「2018年度大学入試センター試験自己採点集計 データネット」の案内を掲載。12月下旬より配布される「集計カード」は、2018年1月15日午後5時までに最寄りの駿台各校舎窓口に提出する。近くにない場合は「インターネット選太君」が利用できる。

教育・受験 高校生
駿台予備校
  • 駿台予備校
  • 2018年度大学入試センター試験自己採点集計 データネット
  • 「2018年度大学入試センター試験自己採点集計 データネット」について
 駿台は2017年12月11日、「2018年度大学入試センター試験自己採点集計 データネット」の案内を掲載。12月下旬より配布される「集計カード」は、2018年1月15日午後5時までに最寄りの駿台各校舎窓口に提出する。近くにない場合は「インターネット選太君」が利用できる。

 駿台とベネッセが提供する大学入試センター試験自己採点集計データネットは、センター試験の自己採点をサポート。2017年度はセンター試験本試験受験者の約84%が参加しており、462,247人(実績)と最大規模の母集団を誇る。そのほか、センター試験速報や平均点情報、解答情報とともに、出願校決定への指針も提供している。

 駿台のWebサイトには、データネット2018の流れが掲載されている。「集計カード」は12月下旬より配布され、高3生は高校で団体参加となる場合があるという。団体参加がない場合は、駿台各校舎にて必要書類一式を受け取る必要がある。

 大学入試センター試験は2018年1月13日・14日に実施され、「集計カード」の窓口提出締切は1月15日午後5時。必要事項を記入のうえ、最寄りの駿台各校舎窓口に提出する。郵送による提出は受け付けておらず、駿台校舎が近くにない場合は「インターネット選太君」を利用する。

 なお、個人票・成績資料冊子の返却は1月18日午後2時より、「集計カード」を提出した校舎窓口にて行われる。提出した窓口以外では受け取ることができない。

 データネット2018では、1月17日より難関大動向や大学別動向を公開。1月17日午後1時からは、合格可能性判定基準を利用できるようになる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)