佐賀県多久市・ソフトバンクC&S・日本MS、児童生徒の学び方と教職員の働き方改革を推進

教育ICT 小学生

多久市の校務・教務クラウドシステム 全体図
  • 多久市の校務・教務クラウドシステム 全体図
  • 児童生徒の学び方と教職員の働き方改革プロジェクトの授業イメージ
 佐賀県多久市と多久市教育委員会、ソフトバンク コマース&サービス(ソフトバンクC&S)、日本マイクロソフトの4者は2018年1月26日、「児童生徒の学び方と教職員の働き方改革プロジェクト」を開始した。2019年3月末まで実施する。

 佐賀県多久市は、2009年度に佐賀県で最初に小中学校の全校普通教室へ電子黒板を設置するなど、ICT教育において先進的な取組みを行っている。2016年度には、総務省の「先導的教育システム実証事業」として、ソフトバンクC&Sや日本マイクロソフトと連携して、多久市立東原庠舎中央校の全5年生を対象に、クラウドソリューションによる教育システムの活用をタブレット端末で行った。この実証事業をベースに「児童生徒の学び方と教職員の働き方改革プロジェクト」を実施する。

 「児童生徒の学び方と教職員の働き方改革プロジェクト」では、パブリッククラウドを利用した学校ICT環境の整備、最先端のセキュリティ対策、児童生徒の学び方と教職員の働き方の改革に取り組む。

 多久市は、校務・教務クラウドシステムとしてソフトバンクC&Sのクラウド運用サービスとマイクロソフトの教育機関向けクラウドサービス「Microsoft 365 Education」を採用し、市内の義務教育学校全3校(多久市立東原庠舎中央校、多久市立東原庠舎東部校、多久市立東原庠舎西渓校)にタブレット端末を整備(2017年度時点で計190台)。授業の8割の時間で協働学習を実施することを目指す。

 また、教職員の働き方改革については、校務・教務クラウドシステムを活用して、文書のデジタル化・情報共有による印刷文書とそのコストの削減、授業コンテンツの共有、テレワークの運用開始(2018年4月予定)などにより、校務の効率化と時間外労働の縮減を図る。

 ソフトバンクC&Sと日本マイクロソフトは、校務・教務クラウドシステムとプロジェクト推進にあたっての技術的なサポートやアドバイスを行う。

 プロジェクトは2018年1月26日から2019年3月31日まで実施し、期間終了までに活動および検証で実行した内容を公開する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)