【中学受験2018】首都圏中学受験スタート、2/1夜から降雪の見込み

 2018年2月1日。埼玉県、千葉県に続き、東京都と神奈川県における中学入試がスタートした。ここから数日にかけて、首都圏では開成、麻布、武蔵、駒場東邦、桜蔭、雙葉、女子学院、豊島岡…など、多くの中学校で入試が実施される。

教育・受験 小学生
2018年2月1日、開成中学校でのようす。校章に見守られながら、受験生親子がしっかりとした足取りで進む
  • 2018年2月1日、開成中学校でのようす。校章に見守られながら、受験生親子がしっかりとした足取りで進む
  • 開成中学校のようす。午前7時の開門を待つ塾関係者らの姿が見られた
  • 開成中学校のようす。午前7時の開門前に、塾代表者らによる応援場所の抽選が行われた
  • 開成中学校で行われる平成30年度入学者選抜試験に向かう親子の姿
  • 2018年2月1日、開成中学校でのようす。受験生を迎えようと、多くの中学受験塾関係者が集まった
  • 試験前に、日能研西日暮里校に集合する日能研生の姿も見られた
  • 開成中学校で行われる平成30年度入学者選抜試験に向かう親子の姿。JR西日暮里駅から開成中学校までの歩道でも、応援に駆けつけた関係者が待っていた
  • 受験生を塾関係者が迎える。しっかりと手を握り、笑顔で送り出すようすが見られた。写真はSAPIX小学部
 リュックにお守り、手にはカイロ。「じゃあ、行ってくるね!」と、試験室へ向かう背中は頼もしい。2月1日、いよいよ東京都、神奈川県の中学入試が解禁となった。ここから数日にかけて、開成、麻布、武蔵、駒場東邦、桜蔭、雙葉、女子学院、豊島岡など、首都圏の多くの中学校で入試が実施される。

 2月1日午前7時、開成中学校が開門。応援に駆けつけたSAPIX(サピックス)、日能研、四谷大塚、早稲田アカデミー、TOMAS、市進学院、Z会、臨海セミナーなどの進学塾関係者が敷地内へ進み、開門前に抽選で決定した応援場所へ向かった。

 続く午前7時45分ごろからは、受験生の姿が増え始めた。なかには、正門前で一礼をしてから進む親子の姿もあった。

 一時は降雪の影響による交通機関の乱れが懸念されたものの、都内上空に雨雲はなく、受験生らの背を朝日が照らす。試験室へ向かう受験生はみな、緊張しながらも笑顔を見せ、抱擁やハイタッチを経て、保護者のもとを離れていった。

 なお、2018年度(平成30年度)開成中学校の入学者選抜は、午前9時から「国語」の試験をスタートする予定だったところ、東海道線内での人身事故の影響で都内の交通機関に遅れが生じたことを受け、試験開始を30分繰下げて実施している。

 午前9時半時点における都内の天気はくもりのち雪の予報だ。多くの受験生は、明日以降にも入試を控える。寒さ対策には念を入れ、自分を信じて乗り切ってほしい。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)