アルクとシャープ、英会話教室でロボットを活用した実証実験開始

教育ICT その他

アルクとシャープは、英会話教室で「ロボホン」を活用した実証実験を開始する
  • アルクとシャープは、英会話教室で「ロボホン」を活用した実証実験を開始する
  • 実証実験(イメージ)
  • 実証実験(イメージ)
  • 実証実験(イメージ)
 アルクとシャープは2018年3月29日、子ども向け英会話教室「アルク Kiddy CAT英語教室」において、シャープのモバイル型ロボット「RoBoHoN(ロボホン)」を活用した授業の実証実験を5月より開始すると発表した。

 実証実験では、アルクの小学生向け英語教材「STEP」をインストールしたロボホンを教室に設置する。ロボホンの音声認識・発話機能を生かし、正確な発音で話しかけるとロボホンが英語で応答するだけでなく、ロボホンも英語で質問してくる。ロールプレイ形式で英会話を学習できるので、発音やリスニングの練習に活用できる。ロボホンは、身ぶり手ぶり交えてロールプレイの相手をしてくれるので、楽しみながら、自発的に学ぶ意欲の向上が期待できるという。

 実証実験は、東京都内2か所の「アルク Kiddy CAT英語教室」で小学校低学年のクラスを対象に、5月から8月までの3か月間行われる。なお、実証実験を行う教室は調整中。

 アルクとシャープは実証実験を通じて、英語の習得度や自発的な発話量の変化などを検証し、2018年度中にロボホンの本格導入を目指すとしている。将来的には、生徒ひとりひとりの学習状況に応じて、効果的な予習・復習をサポートできる自宅学習プログラムの導入も検討予定だという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)