STEM分野1,000問以上収録、ドラえもんパソコン型学習玩具7/14発売

教育ICT 未就学児

ドラえもんステップアップパソコン (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • ドラえもんステップアップパソコン (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • ドラえもんステップアップパソコン (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • メニュー紹介 (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
  • 機能例 (c) 藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK
 バンダイプリスクール事業部は、STEM教育が学べる「プログラミング学習」「さんすう」「サイエンス」など1,000問以上を収録した、ドラえもんとその仲間たちと楽しく学ぶパソコン型学習玩具「ドラえもんステップアップパソコン」を2018年7月14日に発売する。価格は1万4,800円(税別)。

 「ドラえもんステップアップパソコン」は、近年世界で注目を集めている「STEM教育(Science:科学、Technology:技術、Engineering:工学、Mathematics:数学)」を学べるメニューとして、「プログラミング学習」「さんすう」「サイエンス」の問題を豊富に収録。「こくご」「えいご」「おんがく・ずこう」など小学校入学準備の勉強メニューや、「ゲーム」「ひみつ道具ミュージアム」など、楽しく遊べるメニューも搭載したオールインワン型の学習玩具だ。

 収録問題数は、全40メニュー1,000問以上。小学1年生から3年生レベルの問題を中心に収録しており、小学校入学前から長く遊ぶことができる。

 「プログラミング学習」では、視覚的な操作で論理的な考え方が身に付くゲーム感覚の学習問題を出題。「さんすう」は計算問題だけでなく、図形問題で空間把握能力を身に付けることができる。「パソコン」では光学式マウスとJIS配列キーボードでタイピング練習などの基本操作や、ドラえもんとのメールなど本格的なパソコン操作を身に付けることができる。

 「ドラえもんステップアップパソコン」は、「日本おもちゃ大賞2018」の共遊玩具部門において優秀賞を獲得している。メニューの中でドラえもんが音声とテキストの両方で遊び方の説明を行う点、音量調整が手元で簡単にできる点、現在の音量が目で見ても楽しくわかるように工夫されている点が評価されたという。価格は1万4,800円(税別)。一部店舗では6月8日より予約受付を開始する。

◆ドラえもんステップアップパソコン
対象:3才以上
内容:本体、マウスパッド、取扱い説明書
サイズ:W380×H260×D70mm
価格:14,800円(税別)
販売先:全国の玩具店、百貨店・量販店・家電量販店の玩具売場、インターネット通販など
販売開始日:2018年7月14日(土)
※一部店舗にて2018年6月8日(金)より予約開始
※別売りの「バンダイACアダプターBタイプ」(2,000円・税別)にも対応
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)