【夏休み2018】外務省の中を歩いてみよう、こども霞が関見学デー8/1・2

 外務省は、平成30年8月1日と2日に開催する「こども霞が関見学デー」の事前登録制参加プログラム「各国の外交官と話してみよう!」など3つのプログラムで参加者を募集する。対象者は小中学生とその保護者。締切りは7月6日(当日消印有効)。

教育イベント 小学生
2018年 こども霞が関見学デー
  • 2018年 こども霞が関見学デー
  • 2018年 こども霞が関見学デー 地図
  • 外務省「こども霞が関見学デー」
 外務省は、平成30年8月1日と2日に開催する「こども霞が関見学デー」の事前登録制参加プログラム「各国の外交官と話してみよう!」など3つのプログラムで参加者を募集する。対象者は小中学生とその保護者。締切りは7月6日(当日消印有効)。

 「こども霞が関見学デー」は、外務省や文部科学省などの府省庁等が連携して業務説明や省内見学などを行うことにより、親子の触れ合いを深めるイベント。子どもたちが夏休みに広く社会を知る体験活動の機会とし、府省庁などの施策に対する理解を深めてもらうことを目的とした取組み。平成29年度は8月2日と3日の2日間にわたって行われ、延べ4万3,484人が参加。このうち、外務省のプログラムには、延べ1,937人が参加した。

 外務省は、平成30年度の事前登録制参加プログラムとして、外務省の仕事紹介や外務省職員との対話・交流などを行う「外務省ってどんなところ?聞いてみよう!」、東京にある世界各国の大使館で働く外交官による自国紹介と参加者との対話・交流などを行う「各国の外交官と話してみよう!」、外務省員と一緒に外務省の施設の中を巡る省内見学ツアー「外務省の中を歩いてみよう!」を実施する。

 参加申込みは、保護者が往復郵便ハガキに必要事項を記入のうえ、投函する。応募者多数の場合は、抽選により当選者を決定する。すべての申込者に返信用ハガキにて参加の可否を知らせる。申込みは、1プログラムにつき1家族1通に限る。たとえば、3つのプログラムに参加希望の場合は、3通の申込みが必要。

◆外務省「こども霞が関見学デー」
開催日:平成30年8月1日(水)・2日(木)
対象者:小学生および中学生
※必ず保護者と一緒に参加すること(同行する未就学児、高校生も参加可能)
集合時間:各プログラム開始時刻の10分前まで
受付場所:外務省(東京都千代田区霞が関2-2-1)正面玄関横の受付場所
参加費:無料
申込方法:保護者が往復郵便ハガキに必要事項を記入のうえ、投函する
申込締切:平成30年7月6日(金)当日消印有効

【プログラムA:外務省ってどんなところ?聞いてみよう!】
開催日時:平成30年8月1日(水)11:00~12:00、14:00~15:00(全2回)
募集人数:各回50人程度(参加する子どもの人数)

【プログラムB:各国の外交官と話してみよう!】
開催日時:平成30年8月2日(木)11:00~12:00、14:00~15:00(全2回)
募集人数:各回50人程度(参加する子どもの人数)

【プログラムC:外務省の中を歩いてみよう!】
開催日時:平成30年8月1日(水)・2日(木)10:30~、14:50~(各日2回)ツアーの時間は30~40分程度
募集人数:各回20人程度(参加する子どもの人数)
◆2018年の「こども霞が関見学デー」他府省庁の開催案内
【警察庁】警察庁、こども霞が関見学デー「けいさつの仕事を知ろう!」
【文部科学省】大臣室の見学や「さかなクンとギョ一緒に学ぼう」など
【総務省】投票体験やプログラミング、天気予報がテーマの体験など
【厚生労働省】補助犬ってなぁに?保育園の先生体験など過去最多28プログラム
【人事院】小中学生対象・楽しく知ろう国家公務員のこと
【防衛省】ピクルス王子とパセリちゃんの市ヶ谷台探検ツアー
【国土交通省】海難が起きたらどうなるの?大臣と会話・免震体験など
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)