【夏休み2018】さかなクン講義やプログラミング、文科省・総務省「こども霞が関見学デー」8/1・2

教育イベント 小学生

平成30年度「こども霞が関見学デー」
  • 平成30年度「こども霞が関見学デー」
  • 文部科学省「あらかじめ申込みが必要なプログラム一覧」
  • 総務省「定員制のプログラム」
  • 平成30年度「こども霞が関見学デー」
 「こども霞が関見学デー」が平成30年8月1日と2日、文部科学省をはじめとした26府省庁などで開催される。当日、参加者には各府省庁などのプログラムと地図が入った「霞が関こども旅券(パスポート)」が配付される。

 こども霞が関見学デー」は、府省庁などが連携して業務説明や省内見学などを行う子ども向けイベント。夏休みに、子どもたちに広く社会を知る体験活動の機会を提供し、府省庁などの施策に対する理解を深めてもらうことを目的としている。平成30年度は8月1日と2日に26府省庁などで行われる。

 総務省では、本物の投票用紙で行う投票体験やプログラミングの体験学習、AIを体感できるプログラムなどを実施する。「宇宙にも天気がある?」では、太陽活動の観測データなどから毎日出している宇宙の天気予報についてわかりやすく紹介するほか、実際の衛星画像を使ってミニ地球儀を工作する。同プログラムは定員制のため、当日整理券が配布される予定。

 文部科学省では、大臣室の見学や、プログラミング教室など、数多くのプログラムを予定している。「さかなクンとギョ一緒に学ぼう」は、8月1日午後2時半から午後3時半まで開催。日本ユネスコ国内委員会の広報大使を務めるさかなクンによるトークショーが行われる。参加には、当日ブースで配布される整理券が必要。

 文部科学省、総務省とも一部のプログラムは事前申込制となっており、各プログラムが定める締切日までに申込みが必要。詳細はWebサイトに公開されているプログラム一覧で確認できる。

 また、当日参加できるプログラムも多数用意されている。プログラム一覧などで実施日時を確認のうえ、旧文部省庁舎1階正面玄関の文部科学省受付で参加を受け付ける。受付時間は午前9時45分から午後3時45分。受付では、子どもたちの興味にあわせて霞が関を自由に歩くことができるよう、参加者に各府省庁などのプログラムと地図が入った「霞が関こども旅券(パスポート)」が配付される。

◆こども霞が関見学デー
対象:小・中学生、幼児など(原則として保護者同伴)
期間:平成30年8月1日(水)・2日(木)
参加府省庁など:内閣官房、人事院、内閣府、宮内庁、公正取引委員会、警察庁、個人情報保護委員会、金融庁、消費者庁、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、特許庁、国土交通省、気象庁、環境省、防衛省、会計検査院、国立国会図書館

◆2018年の「こども霞が関見学デー」他府省庁の開催案内
【警察庁】警察庁、こども霞が関見学デー「けいさつの仕事を知ろう!」
【外務省】こども霞が関見学デー、外務省の中を歩いてみよう
【総務省】投票体験やプログラミング、天気予報がテーマの体験など
【厚生労働省】補助犬ってなぁに?保育園の先生体験など過去最多28プログラム
【人事院】小中学生対象・楽しく知ろう国家公務員のこと
【防衛省】ピクルス王子とパセリちゃんの市ヶ谷台探検ツアー
【国土交通省】海難が起きたらどうなるの?大臣と会話・免震体験など
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)