【夏休み2018】国土交通省「こども霞が関見学デー」大臣と会話・免震体験など

教育イベント 小学生

ミッション遂行! ~災害対応の司令塔「災害対策本部」体験(写真は過去のようす)
  • ミッション遂行! ~災害対応の司令塔「災害対策本部」体験(写真は過去のようす)
  • 屋上と地下の探検隊、募集! ~地下の免震装置と、屋上のヤギ・・!?
  • [特設ステージ] feel・カムイ 2018
  • 浮いて生き延びる!~津波救命艇に乗ってみよう!
  • 爽快!スカイバス ~霞ヶ関こども探検隊出発!.
  • 大胆なのに繊細!?~災害時も活躍、ショベルカー
  • [特設会場] マイスター・ヴィレッジ お弟子さん大募集!!~大工さん・アンカーさん~ 写真は大工さん(木でパズルを作ってみよう) (過去のようす)
  • [特設会場] マイスター・ヴィレッジ お弟子さん大募集!~大工さん、庭師さん、アンカーさん~ 「関守石」とカラフルな縄を使った文鎮づくり体験(完成品は持ち帰り可能、写真は庭師職人体験のようす)(過去のようす)
 国土交通省は2018年8月1日と2日、幼児や小中学生などを対象とした国土交通省見学プログラムを実施する。大臣と話ができたり、免震体験車の乗車や災害対策地図作り体験ができたりと多数の企画を用意している。一部のプログラムは、事前申込が必要。

 国土交通省見学プログラムは、文部科学省をはじめ府省庁などが連携して開催する「こども霞が関見学デー」の一環として、国土交通省が実施するイベント。対象は、幼児や小中学生など。

 イベントでは、事前予約プログラムとして「国土交通大臣とおはなししよう」「乗ってみよう、免震体験車!」「海難が起きたらどうなるの?」など多数の企画を用意している。また、VR・ドローンでのインフラメンテナンス体験や災害対策地図作りなどの予約不要なプログラムのほか、特設ステージ・会場にて、アイヌの伝統舞踊の披露や河川愛護月間の取組みで募集する「絵手紙」の2017年度の入賞作品の展示なども行われる。

 プログラムによって開催日時や場所、対象学年、定員などが異なるため、確認が必要。各プログラムの詳細は、国土交通省のWebサイトにて確認できる。事前申込が必要なプログラムは、メールにて申込みを受け付けている。締切りは7月9日(必着)。

◆国土交通省見学プログラム
開催日:2018年8月1日・2日
会場:国土交通省(東京都千代田区霞が関2-1-3中央合同庁舎第2号館・第3号館)
対象:幼児や小中学生など

<事前予約プログラム>
締切:2018年7月9日(月)必着
申込方法:メールにて申し込む

◆2018年の「こども霞が関見学デー」他府省庁の開催案内
【警察庁】警察庁、こども霞が関見学デー「けいさつの仕事を知ろう!」
【外務省】「各国の外交官と話してみよう!」など3プログラム
【文部科学省】大臣室の見学や「さかなクンとギョ一緒に学ぼう」など
【総務省】投票体験やプログラミング、天気予報がテーマの体験など
【厚生労働省】補助犬ってなぁに?保育園の先生体験など過去最多28プログラム
【人事院】小中学生対象・楽しく知ろう国家公務員のこと
【防衛省】ピクルス王子とパセリちゃんの市ヶ谷台探検ツアー
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)