大阪府、LINE活用した教育相談を実施…2018年度は府内の全中学・高校対象

 大阪府教育庁は2018年7月3日、LINEを活用した教育相談の実施を発表。2017年度は対象校を限定して試行実施されたが、2018年度は府内すべての中学・高校(政令市立を除く)の生徒に拡大して行う。実施期間は2018年7月15日~28日、8月19日~9月9日、2019年1月6日~19日。

教育業界ニュース その他
大阪府「LINE相談ポスター」
  • 大阪府「LINE相談ポスター」
  • 大阪府
 大阪府教育庁は2018年7月3日、LINEを活用した教育相談の実施を発表。2017年度は対象校を限定して試行実施されたが、2018年度は府内すべての中学・高校(政令市立を除く)の生徒に拡大して行う。実施期間は2018年7月15日~28日、8月19日~9月9日、2019年1月6日~19日。

 大阪府のLINEを活用した教育相談は、文部科学省「SNS等を活用した相談体制の構築事業」を活用し、実施するもの。問題の深刻化を未然に防止する観点から、いじめを含め、さまざまな悩みを抱える児童生徒に対するSNSなどを活用した相談体制の構築を推進し、児童生徒の相談に係る多様な選択肢を用意することで、教育相談体制の充実を図ることが目的。

 大阪府では、2017年度にLINEを活用した教育相談を試行実施。府立高校10校の1・2年生約6,000人を対象に、2018年1月8日から2月2日のうち、毎週月曜日・金曜日(計8日間)と相談期間を限定して行われた。その結果、アカウント登録者97人、相談者18人(うち複数回相談者は8人)となり、相談件数は33件。ほかのツールによる1日平均相談件数を大きく上回り、SNSがほかの方法よりも子どもにとって利用しやすい相談ツールであると分析をしている。

 2018年度の実施では、対象を府内公立・私立すべての中学校、高等学校、支援学校中学部・高等部(政令市立を除く)に通学する生徒約39万人とする。実施期間は、第1期が2018年7月15日~28日、第2期が8月19日~9月9日、第3期が2019年1月6日~19日。各期とも午後6時から午後9時まで相談を受け付ける。

 相談の際は、LINE@のアカウント登録が必要。生徒には学校を通じて、LINE相談窓口のQRコードを印字した印刷物を配付。相談窓口は生徒からの相談に対し、継続的な対応が必要な場合は教育センターの「すこやか教育相談」「24時間子供SOSダイヤル」をはじめ、ほかの相談機関を紹介する。また、緊急事案については、府教育庁関係各課、府子ども家庭センター、大阪府警察本部などの関係機関へ情報提供、対応依頼などを行い、連携し対応するという。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)