「進研ゼミ 高1講座」英語スピーキング自主トレアプリ提供、千葉雄大も登場

 ベネッセコーポレーションが展開する「進研ゼミ 高1講座」は2018年2018年7月より、会員向けに英語スピーキングの自主トレーニングアプリ「1分スピーキング」の提供を開始することを2018年7月12日に発表した。

教育・受験 高校生
「進研ゼミ 高1講座」スピーキングアプリ「1分スピーキング」
  • 「進研ゼミ 高1講座」スピーキングアプリ「1分スピーキング」
 ベネッセコーポレーションが展開する「進研ゼミ 高1講座」は2018年2018年7月より、会員向けに英語スピーキングの自主トレーニングアプリ「1分スピーキング」の提供を開始することを2018年7月12日に発表した。

 2020年度の大学入試より、英語は現在の「聞く」「読む」の2技能中心の評価から、「聞く」「読む」「話す」「書く」の4技能評価に変わる。この大きな変化に備えて、「進研ゼミ 高1講座」では2018年4月から外国人講師による個別指導「Online Speaking」を導入した。高1会員2,795人のオンラインスピーキング受講後のアンケートへ回答結果によると、受講者のレッスン満足度は95%(※)と高い評価を得たという。
※「とても満足」「まあ満足」の合計値(2018年7月5日時点)

 一方で受講者からは「発音に自信がなく、外国人講師とのレッスンにまだ踏みだせない」という声も聞かれたことから、英語の発話への抵抗感を減らすことがスピーキング力を伸ばすための第1歩と考え、提供中の「Online Speaking」での実践会話レッスンに加え、スピーキングアプリ「1分スピーキング」を組み合わせた新しい学習法を提案、7月より受講費内で提供する。

 「1分スピーキング」はスマートフォンを用いて、1人で発話トレーニングができるアプリ。発話の相手はアプリ画面上のキャラクターで、1レッスン1分という取り組みやすさも特徴だ。レッスン内容は、高校生に身近な日常会話を通じて、検定試験にも役立つ応答・説明・意見などの表現力が身に付くよう設計されており、1,500フレーズ以上の発話トレーニングができる。レッスン中の発話に対して、発音判定システムが自動判定し改善点を示すので、効果的に発音を改善することができるとしている。

 アプリには「OS 事前準備レッスン」も設けられており、「Online Speaking」で学ぶ内容を事前学習することができ、 レッスン本番での外国人講師との会話に自信をもって取り組むことができるという。また、2018年7月20日から8月25日までの期間限定で会話キャラクターとして、俳優の千葉雄大が登場する。

◆スピーキングアプリ「1分スピーキング」
提供対象:「進研ゼミ 高校講座」会員(高1生・高2生)向け
提供時期:2018年7月20日(8月号)より受講費内にて提供
アプリ必要環境:スマートフォン/Android5~7、iOS10~11
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)