【夏休み2018】Robo Blocksを一般公開「Pepper自由研究チャレンジ」

 ソフトバンクグループは2018年7月12日から9月21日まで、「Pepper自由研究チャレンジ」を実施する。期間中、簡単な操作で楽しくプログラミングを学べるロボットプログラミングツール「Robo Blocks(ロボブロックス)」が一般公開される。

教育ICT 小学生
Pepper自由研究チャレンジ
  • Pepper自由研究チャレンジ
  • ソフトバンクグループ
 ソフトバンクグループは2018年7月12日から9月21日まで、「Pepper自由研究チャレンジ」を実施する。期間中、簡単な操作で楽しくプログラミングを学べるロボットプログラミングツール「Robo Blocks(ロボブロックス)」が一般公開される。

 「Pepper自由研究チャレンジ」の特設サイトでは、先生を驚かせる3つのチャレンジについて掲載している。1つめのチャレンジは、「今だけ限定!おうちでプログラミングを体験!」。ロボットプログラミングツール「Robo Blocks」が7月12日から9月21日までの期間限定で一般公開される。特設サイトからRobo Blocksログインページに遷移し、ログイン後にRobo Blocksを使ってプログラミングをすることが可能。なお、Robo Blocksは通常、「Pepper社会貢献プログラム2」に参加する教育機関のみに公開している。

 2つめのチャレンジは、「作ったプログラミングは自由研究で出しちゃおう!」。「USBやROMを使用し、作ったプログラムデータを学校のパソコンで動かす」「プリントスクリーンで画面を保存して印刷する」など、作ったプログラミングを自由研究として学校に提出する方法について掲載している。

 3つめのチャレンジは、「コンテストに応募して豪華賞品をゲットしよう!」。小学8年生と日本能率協会のコラボ企画であるコンテスト「第1回夏休み宿題・自由研究大作戦大賞」では、小学生を対象とし、Robo Blocksを使ったプログラミングデータの応募を受け付けている。宿題のテーマは「○○○○で働くPepper」。大賞受賞者には図書券10万円分と「Nintendo Switch+Nintendo Laboバラエティキット」が、小学館&Pepperプログラミング賞受賞者には図書券1万円分と「おうちにPepper貸出6か月」の権利が与えられる。なお、ソフトバンクもサポーター賞で参加する。

 コンテストの応募は、プログラミングデータのWeb送信とエントリーシートの郵送にて受け付けている。締切りは9月21日。大賞・小学館&Pepperプログラミング賞受賞者には、10月中旬までに電話で通知する。

◆Pepper自由研究チャレンジ
日時:2018年7月12日(木)~9月21日(金)

<第1回夏休み宿題・自由研究大作戦大賞>
対象:小学1年生~6年生
締切:2018年9月21日(金)
応募方法:プログラミングデータのWeb送信とエントリーシートの郵送にて応募する
※大賞・小学館&Pepperプログラミング賞受賞者には10月中旬までに電話で通知する
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)