【夏休み2018】JAXA「いぶき2号」と開発試験設備の見学会、8/6締切

 JAXAは、2018年8月9日に開催する人工衛星「いぶき2号」と開発試験設備の見学会において、見学者を若干名募集している。対象は、小学校4年生から6年生とその保護者。応募締切は8月6日正午。参加無料。

趣味・娯楽 小学生
人工衛星「いぶき2号」と開発試験設備の見学会
  • 人工衛星「いぶき2号」と開発試験設備の見学会
  • JAXA
 JAXAは、2018年8月9日に開催する人工衛星「いぶき2号」と開発試験設備の見学会において、見学者を若干名募集している。対象は、小学校4年生から6年生とその保護者。応募締切は8月6日正午。参加無料。

 「いぶき2号」は、宇宙から二酸化炭素などの温室効果ガスを観測する人工衛星。見学会では、普段は一般の人が入場することのできない筑波宇宙センターの衛星の開発・製造が行われている建屋で、「いぶき2号」と開発試験設備の見学をすることができる。

 対象は、小学校4年生から6年生とその保護者。衛星が格納されているクリーンルームへの入室は、当選者の子ども1名のみ。保護者やほかの家族(3名まで)は、クリーンルームの外から人工衛星の見学を行う。なお、同伴者は小学校4年生以上の子どもに限る。

 参加無料(ただし、会場までの交通費は各自負担)。応募は、JAXAのWebサイト内応募フォームにて受け付けている。締切りは8月6日正午。募集人数は若干名。見学者は抽選で決定し、当選者には8月上旬までにメールまたは電話にて通知する。

◆人工衛星「いぶき2号」と開発試験設備の見学会
日時:2018年8月9日(木)11:00~16:00ごろ(予定)
会場:JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市千現2-1-1)
対象:小学校4年生から6年生とその保護者
募集人数:若干名
締切:2018年8月6日(月)12:00
参加費:無料(ただし、会場までの交通費は各自負担)
応募方法:JAXAのWebサイト内応募フォームにて応募する
※一人につき応募は1回まで
※当選者には、8月上旬までにメールまたは電話にて通知する
※郵送や電話、FAXによる応募不可
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)