【高校受験2019】広島県公立高校、募集定員120人減

 広島県教育委員会は2018年9月11日、2019年度(平成31年度)公立高校の入学定員を決定した。全日制本校は前年度(2018年度)と比べ120人減の1万5,760人募集する。定時制は1学級減少、通信制は同数。

教育・受験 中学生
平成31年度広島県公立高等学校入学定員(大学科ごとの入学定員)
  • 平成31年度広島県公立高等学校入学定員(大学科ごとの入学定員)
  • 平成31年度広島県公立高等学校入学定員(各学校の入学定員)
  • 平成31年度広島県公立高等学校入学定員(各学校の入学定員)
  • 平成31年度広島県公立高等学校入学者選抜日程
 広島県教育委員会は2018年9月11日、2019年度(平成31年度)公立高校の入学定員を決定した。全日制本校は前年度(2018年度)と比べ120人減の1万5,760人募集する。定時制は1学級減少、通信制は同数。

 2019年度の広島県公立高校の入学定員は、全日制本校が1万5,760人(前年度比120人減)、全日制分校が1学級(前年度と同数)、定時制が25学級(前年度比1学級減)、通信制が700人(前年度と同数)。

 入学定員の増減を学科ごとにみると、普通科で200人減、家庭科で40人減、探求科で120人増となる。

 全日制で入学定員を減らす学校・学科は、広島市立舟入(普通)40人減、広島井口(普通)40人減、安西(普通)40人減、三原東(普通)40人減、庄原格致(普通)40人減、吉田(普通)80人減、吉田(生活福祉)40人減。一方、入学定員を増やす学校・学科は、庄原格致(医療・教職)40人増、賀茂(普通)40人増、吉田(探求)120人増。

 2019年度広島県公立高校入試の日程について、選抜Iは面接を2019年2月1日、選抜IIは学力検査を3月6日と7日、選抜IIIは作文・面接を3月22日(広島市立広島みらい創生は3月27日)に実施する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)