入学・新生活応援給付金1600名を募集…11/26より受付開始

 子どもの貧困対策センター「あすのば」は2018年11月26日から12月17日まで、2019年4月に入学や新生活を迎える人を対象とした「入学・新生活応援給付金」の申込みを受け付ける。小学校入学生・中学校入学生・中学校卒業生・高校卒業生、合計1,600人を募集する。

生活・健康 保護者
あすのば入学・新生活応援給付金
  • あすのば入学・新生活応援給付金
  • あすのば
 子どもの貧困対策センター「あすのば」は2018年11月26日から12月17日まで、2019年4月に入学や新生活を迎える人を対象とした「入学・新生活応援給付金」の申込みを受け付ける。小学校入学生・中学校入学生・中学校卒業生・高校卒業生、合計1,600人を募集する。

 あすのば入学・新生活応援給付金は、「あなたのことを想っている人々が『ここにいるよ』」というメッセージと共に給付金を支給する事業。行政などの入学・新生活を支援する制度の拡充を目指したモデル事業として、2015年度から行われている。2017年度は、全国から6,102人の申込みがあり2,807人が採用されたという。

 2018年11月26日から12月17日の期間、2019年4月に入学や新生活を迎える人を対象とした「入学・新生活応援給付金」の申込みを受け付ける。申込みができるのは、「住民税非課税世帯の子ども」「生活保護を受けている世帯の子ども」「児童養護施設・里親などのもとで生活していて2019年4月までに施設退所など自立生活を予定している子ども」のいずれか。

 採用されると、小学校入学生と中学校入学生は3万円、中学校卒業生は4万円、高校卒業生などは5万円が支給される。2018年度は、小学校入学生240人、中学校入学生320人、中学校卒業生520人、高校卒業生など520人、合計1,600人を募集する。

 さらに、2018年に起きた豪雨・地震・台風などの被災者を対象とした「豪雨・地震・台風など災害特例 あすのば入学・新生活応援給付金」も募集している。申込みができるのは、2018年に起きた豪雨・地震・台風などの被災者で、「住民税非課税世帯の子ども」「生活保護を受けている世帯の子ども」「児童養護施設・里親などのもとで生活していて2019年4月までに施設退所など自立生活を予定している子ども」のいずれかに当てはまる者。

 災害特例で採用された場合、小学校入学生と中学校入学生は4万円、中学校卒業生は5万円、高校卒業生などは6万円が支給される。小学校入学生60人、中学校入学生80人、中学校卒業生130人、高校卒業生など130人、合計400人を募集する。

 申込書は、Webサイトから請求もしくはダウンロードできる。申込締切は12月17日(消印有効)。

◆あすのば入学・新生活応援給付金
申込期間:2018年11月26日(月)~12月17日(月)消印有効
申込みできる人:
2019年4月に小学校・中学校に入学する、もしくは2018年度末に中学校・高校を卒業する者で、
ア) 住民税非課税世帯の子ども
イ) 生活保護を受けている世帯の子ども
ウ) 児童養護施設・里親などのもとで生活していて2019年4月までに施設退所など自立生活を予定している子ども
※母子生活支援施設で生活している場合は、アまたはイにあてはまる子ども
給付金額と募集人数:
・小学校入学生/3万円、240人募集
・中学校入学生/3万円、320人募集
・中学校卒業生/4万円、520人募集
・高校卒業生など/5万円、520人募集

◆豪雨・地震・台風など災害特例 あすのば入学・新生活応援給付金
申込期間:2018年11月26日(月)~12月17日(月)消印有効
申込みできる人:
2018年に起きた豪雨・地震・台風などの被災者のうち2019年4月に小学校・中学校に入学する、もしくは2018年度末に中学校・高校を卒業する者で、
ア) 住民税非課税世帯の子ども
イ) 生活保護を受けている世帯の子ども
ウ)児童養護施設・里親などのもとで生活していて2019年4月までに施設退所など自立生活を予定している子ども
※母子生活支援施設で生活している場合は、アまたはイにあてはまる子ども
給付金額と募集人数:
・小学校入学生/4万円、60人募集
・中学校入学生/4万円、80人募集
・中学校卒業生/5万円、130人募集
・高校卒業生など/6万円、130人募集

※詳細はWebサイトで確認できる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)