香港開催、8歳以上の子ども対象アプリ開発コンテスト参加者募集

 CA Tech Kidsは、2019年3月に香港で開催されるアジアの子どもたちを対象としたアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2019」に出場する日本代表選手の募集を2018年12月3日に開始した。

教育イベント 小学生
AppJamming Summit 2019
  • AppJamming Summit 2019
  • AppJamming Summit 2019の開催概要
  • AppJamming Summit 2019のスケジュール
  • 「AppJamming Summit 2019 ワークショップ」東京会場の開催概要
  • 「AppJamming Summit 2019 ワークショップ」大阪会場の開催概要
  • 「AppJamming Summit 2019 ワークショップ」沖縄会場の開催概要
 CA Tech Kidsは、2019年3月に香港で開催されるアジアの子どもたちを対象としたアプリ開発コンテスト「AppJamming Summit 2019」に出場する日本代表選手の募集を2018年12月3日に開始した。日本予選では、日本国内に住む8歳以上の子どもを対象に、2019年2月6日まで参加登録を受け付ける。

 「AppJamming Summit(アップジャミングサミット)」は、香港のプログラミング教室「First Code Academy」が主催する、アジアの子どもたちを対象としたアプリ開発コンテスト。アプリ開発ツール「App Inventor 2」を用いて開発したオリジナルのアプリ・ゲームで競う。コンテストは2014年に香港で開始し、2018年には15か国・100校以上の学校から作品が集まったという。

 開催6年目を迎える今回は、日本から初参加することが決定。CA Tech Kidsが運営する小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」が「AppJamming Summit」日本事務局として、日本予選を実施する。

 「AppJamming Summit」日本予選では、日本国内に住む8歳以上の子どもを対象に、全国から作品を募集する。作品テーマは「Culture(文化)」。エントリー締切は2019年2月6日、作品提出締切は2月14日。事前審査を経て、約10組が3月3日に東京で開催される日本代表決定戦(Semi-Final)に臨み、上位1~2組が日本代表選手として3月31日に香港で開催される決勝大会へ進出する。

 コンテストへの応募を考えている人向けに「AppJamming Summit 2019 ワークショップ」を東京・大阪・沖縄の3地域で開催する。コンテストのWebサイトでワークショップの詳細確認や申込みができる。なお、コンテストへの応募に際し、ワークショップへの参加は必須ではない。

◆AppJamming Summit 2019(アップジャミングサミット2019)
対象:8歳以上(2019年3月31日時点)
※チーム(最大4名)での作品開発・提出も可能
※英語が話せない者も応募できるが、決勝に進んだ者は英語でのプレゼンテーションの練習が必要
募集作品:アプリ開発ツール「App Inventor 2」を用いて開発したアプリケーションもしくはゲーム作品
作品テーマ:Culture(文化)
応募方法:参加登録ページより参加者の氏名やメールアドレスなどを登録し、参加登録したメールアドレス宛に届く案内に沿って作品を提出する
スケジュール:
2019年2月6日(水) 参加登録締切
2019年2月14日(木) 作品提出締切
2019年2月21日(木) 審査結果発表
2019年3月3日(日) Semi-Final(日本代表決定戦)
2019年3月10日(日) Semi-Final結果発表(日本代表選手発表)
2019年3月31日(日) Final(決勝大会)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)