デジタルアーツ、i-FILTERシリーズで情報提供サービス「Dコンテンツ」開始

 デジタルアーツは2018年12月7日、Webセキュリティ「i-FILTER」において、学校の教員や生徒向けに学習計画策定などをサポートするためのさまざまな情報を厳選して提供するサービス「Dコンテンツ」の提供を開始すると発表した。リリースは2019年度初めを予定。

教育業界ニュース 教材・サービス
デジタルアーツ
  • デジタルアーツ
  • i-FILTER ブラウザー&クラウド
 デジタルアーツは2018年12月7日、Webセキュリティ「i-FILTER」において、学校の教員や生徒向けに学習計画策定などをサポートするためのさまざまな情報を厳選して提供するサービス「Dコンテンツ」の提供を開始すると発表した。リリースは2019年度初めを予定。

 「Dコンテンツ」は、Webアクセス履歴をAI(人工知能)が分析し、ユーザーにとって価値ある情報だけを自動的に選別し、提供する無償のサービス。第1弾として、学校の教員と生徒向けに、授業や自宅学習に役立つ学習関連のサイト情報を配信する。具体的には、理科の実験や体育の実技などの指導にあたって使用する補助教材(YouTubeなどの動画)、進学校で利用頻度の高い学習アプリの人気ランキングなどを提供予定だという。

 抽出するサイトの情報は、エリアや校種ごとに細かい設定が可能。「Dコンテンツ」が閲覧数の多いサイトを自動的にスクリーニングして情報を配信することで、ユーザーは大量の教材候補の中からひとつひとつ精査する手間をかけずに、簡単に最適かつ学習効果の高いサイトや動画を選ぶことができるようになる。それにより、ユーザーの業務・学習の成果向上に貢献するねらい。

 「Dコンテンツ」は、まず、エンドポイントWebセキュリティ「i-FILTER ブラウザー&クラウド」の利用者向けに提供を開始する。今回のサービス開始により、タブレット端末のセキュリティ対策に最適なツールとして教育機関に多く導入されている「i-FILTER」シリーズに、セキュリティ対策だけでなく効果的なデータ利活用という付加価値が加わることになる。デジタルアーツは、今後「Dコンテンツ」を学校・教育現場のほか、一般企業向けのデータ配信にも拡大していくことも視野に、データベースを活用した新たなサービス提供を目指すという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)