IT×ものづくりの祭典「ワンダーメイクフェス5」2/9-10

 LITALICOワンダーは2019年2月9日と10日の2日間、子どもによるプログラミングやロボット製作の作品発表会「ワンダーメイクフェス5」を日本科学未来館で開催する。通塾生の発表のほか、一般来場者も参加できるプログラムが多数ある。入場無料、入退場自由。

教育イベント 小学生
ワンダーメイクフェス 過去開催のようす
  • ワンダーメイクフェス 過去開催のようす
  • 制作発表
  • SOCIAL FIGHTER AWARD U-18
  • ワンダーメイクフェス 過去開催のようす
  • ワンダーメイクフェス 過去開催のようす
  • ワンダーメイクフェス 過去開催のようす
  • 展示・ワークショップコーナー
 LITALICOワンダーは2019年2月9日と10日の2日間、子どもによるプログラミングやロボット製作の作品発表会「ワンダーメイクフェス5」を日本科学未来館で開催する。通塾生の発表のほか、一般来場者も参加できるプログラムが多数ある。入場無料、入退場自由。

 今回で5回目を迎える「ワンダーメイクフェス」は、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」の開校当初より、子どもたちと社会との接点を増やすことを目的とした通塾生の作品発表会として開催されている。2014年の初開催から回を重ねるごとに内容と規模が大きく進化し、前回は来場者4,500人、約400人の子どもたちが発表を行った。今回は来場者1万人以上、発表者1,000人を見込んでいるという。

 ワンダーメイクフェス5は、LITALICOワンダーに通塾している年長・小学生から高校生の子どもたちによる「制作発表」や、テクノロジーツール体験や展示・説明をする「展示・ワークショップコーナー」がある。また、ワンダーメイクフェス初めての試みとして、課題解決型コンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD U-18」と、LITALICOワンダーの通塾生がTシャツやステッカーなどのオリジナルプロダクトをデザインする「プロダクト展示コーナー」の2つの特別企画を用意。

 展示・ワークショップコーナーでは、ITやものづくり関連の企業・専門学校が「子ども向けロボット・プログラミング学習教材」「3Dゲーム制作用のプログラミング言語」「最新型3Dプリンタ」などを展示する。LITALICOワンダーによるプログラミングやロボット製作体験ができるワークショップのほか、保護者や教育関係者向けの相談ブースも設ける。

 テクノロジーの力で社会課題にアプローチしていく課題解決型コンテスト「SOCIAL FIGHTER AWARD U-18」では、「学校をハックせよ!」というテーマのもと、学校のあらゆる課題を18歳以下の子どもたちが独創的なアイデアで解決。約2か月かけて仕上げた作品を公開する。

 プロダクト展示コーナーでは、PCの画面上でしかデザインできなかったものを、Tシャツやトートバッグなど実物にプリントしてプロダクト化し、展示する。実際に作品に触れられるスペースも用意している。

 当日は混雑が予想されるため、事前に入場申込みをするとスムーズに来場できる。入場申込みは、Webサイトより受け付けている。

◆ワンダーメイクフェス5
日時:2019年2月9日(土)~10日(日)10:00~17:30(9:30開場)※1日のみの参加可
会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
参加費:無料 ※日本科学未来館の常設展・企画展を見学する場合は別途入場料が必要
申込方法:Webサイトより必要事項を明記のうえ申し込む
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)