環境省、3年ぶり「こども環境白書」発行…SDGsなどわかりやすく紹介

 環境省は、いま起きている環境問題をわかりやすく解説した小学校高学年以上向けの冊子「こども環境白書2019」を作成。環境省Webサイトに閲覧・ダウンロード可能なPDF版を公開した。前回発行の「こども環境白書2016」から3年ぶりの発行となる。

教育・受験 小学生
環境省
  • 環境省
  • こども環境白書2019 目次(一部)
 環境省は、いま起きている環境問題をわかりやすく解説した小学校高学年以上向けの冊子「こども環境白書2019」を作成。環境省Webサイトに閲覧・ダウンロード可能なPDF版を公開した。前回発行の「こども環境白書2016」から3年ぶりの発行となる。

 「こども環境白書」は、「環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」の内容を基に、環境省が作成・発行している環境教育用の冊子。小学校高学年以上をおもな対象に、いま世界で起きている環境問題をわかりやすく理解してもらうことを目的としており、問題に気づき、自分たちで調べ、考え、できることを実行に移すことで環境問題に取り組むきっかけとなることを目指している。

 「こども環境白書2019」では、地球の危機について世界の国々が力を合わせて立ち向かう必要があるとして、2015年9月の国連総会で採択されたすべての国がともに取り組むべき目標「持続可能な開発目標(SDGs:エスディージーズ)」や、地球温暖化に関する国際的な約束事「パリ協定」を解説している。

 また、近年多発する気象災害や気温上昇、人口減少・少子高齢化など、日本で起こっている問題についても紹介。この先も豊かな暮らしを続けるために必要な、持続可能な社会に向けた地域づくりや、地域資源の活用、ライフスタイルの転換事例などをまとめている。

 環境省のWebサイトでは、最新版の「こども環境白書2019」のほか、いままでに発行された「こども環境白書」のPDF版をすべて掲載。自由に閲覧・ダウンロードができる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)