世界的はしか流行の要因はワクチン未接種…年平均2,110万人相当

 ユニセフ(国連児童基金)は2019年4月25日、2010年から2017年の間に推定1億6,900万人がはしかの予防接種を一度も受けておらず、それは年平均2,110万人に相当すると発表。ワクチン未接種により、多くの国ではしかの集団発生が起きていると警鐘を鳴らしている。

生活・健康 未就学児
予防接種を受けるコンゴ共和国の乳児(2019年2月撮影) (c) UNICEF_UN0283263_ Frank Dejongh
  • 予防接種を受けるコンゴ共和国の乳児(2019年2月撮影) (c) UNICEF_UN0283263_ Frank Dejongh
  • ユニセフが支援する保健センターで、はしかの治療を受け元気になったマリの3歳から7歳の子どもたち(2019年3月撮影) (c) UNICEF_UN0299499_Keita
 ユニセフ(国連児童基金)は2019年4月25日、2010年から2017年の間に推定1億6,900万人がはしかの予防接種を一度も受けておらず、それは年平均2,110万人に相当すると発表。ワクチン未接種により、多くの国ではしかの集団発生が起きていると警鐘を鳴らしている。

 ユニセフによると、2019年1月から3月の間に世界で11万以上のはしかの症例が報告され、前年(2018年)同時期から300%近く増加している。2017年にはしかが原因で亡くなった人は推定11万人で、前年(2016年)と比較して22%多くなっており、そのほとんどが子どもだったという。

 はしかの正しい予防接種回数は2回。しかし、アクセス不足や脆弱な保健システムのほか、過信や予防接種に対する否定的な考え方などに阻まれ、2017年に世界ではしかワクチンの初回接種した人の割合は85%と、人口増加にもかかわらずこの10年間比較的同じ割合で推移している。また、2回目のワクチン接種した人の割合は67%に止まっているという。

 先進国で、2010年から2017年の間にはしかワクチンの初回接種をしていない人が多い国は、1位「米国」259万3,000人、2位「フランス」60万8,000人、3位「英国」52万7,000人、4位「アルゼンチン」43万8,000人、5位「イタリア」43万5,000人。日本は、37万4,000人で6位に位置している。低・中所得国は危機的状況にあり、たとえば2017年に生後1年未満で初回ワクチン接種をしていない子どもは、もっとも多いナイジェリアで400万人近くだった。

 ユニセフは、このはしか危機に対応すべく、「はしか・風疹イニシアティブ」やGAVIアライアンスなどのパートナー団体と協力。ワクチン価格の交渉や、各国における予防接種を行っていない地域や予防接種を受けていない子どもを確定するための支援、ワクチンおよび予防接種に必要な資機材の購入、定期予防接種率が低い地域を対象とした補完的な予防接種キャンペーンの支援など、さまざまな活動を行っている。

 ユニセフ事務局長ヘンリエッタ・フォア氏は、「ワクチンの接種率を高めるだけでなく、正しい回数での接種率を維持し、すべての人が守られる免疫の傘を構築しなければなりません」とコメントしている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)