開成の大学合格実績2019、東大186人・早慶420人

 開成高等学校の2019年大学入試結果を見ると、東京大学に186人、慶應義塾大学に198人、早稲田大学に222人合格したことがわかった。卒業生に占める東大現役合格者の割合は35.1%だった。

教育・受験 中学生
開成中学校・高等学校
  • 開成中学校・高等学校
  • 開成高等学校の2019年大学入試結果
 開成高等学校の2019年大学入試結果を見ると、東京大学に186人、慶應義塾大学に198人、早稲田大学に222人合格したことがわかった。卒業生に占める東大現役合格者の割合は35.1%だった。

 開成高等学校は2019年大学入試結果として、2019年4月23日までの判明分を公表している。国立大学の合格者数は、東京大学186人、京都大学9人、北海道大学5人、東北大学11人、名古屋大学2人、大阪大学5人、九州大学3人、東京工業大学13人、一橋大学12人など。

 東京大学の合格者の内訳を見ると、文科一類29人、文科二類24人、文科三類19人、理科一類79人、理科二類25人、理科三類10人の計186人。このうち、現役生は140人、OB生は46人。卒業生数(399人)に占める東大現役合格者数(140人)の割合は35.1%だった。

 私立大学の合格者数は、慶應義塾大学198人、早稲田大学222人、上智大学21人、東京理科大学58人、明治大学60人、中央大学26人、法政大学8人、青山学院大学8人、立教大学5人など。なお、海外大学の進学者は、公表時点で確定していないため掲載されていない。

 医学部の合格者数を見ていくと、東北大学8人、千葉大学13人、東京医科歯科大学9人、山梨大学5人、慶應義塾大学15人、東京慈恵会医科大学15人、順天堂大学16人、日本医科大学10人、国際医療福祉大学7人、昭和大学8人など、医学部に多数合格者を輩出している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)