英語学習AIロボMusio、新コンテンツやサービス提供開始

 人工知能エンジンおよび人工知能ソーシャルロボットを開発するAKAは、英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」ユーザーに向けて新しい子ども向けコンテンツやMusioとの生活をより楽しくするグッズとサービスを2019年11月から12月にかけて順次発売・提供すると発表した。

教育ICT 小学生
英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」(イメージ)
  • 英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」(イメージ)
  • DINOSAURS(11月発売予定)
  • 宇宙船「Musio」(11月発売予定)
  • SWEET KITCHEN(12月発売予定)
  • カラーリングサービス(12月提供開始予定)
 人工知能エンジンおよび人工知能ソーシャルロボットを開発するAKAは、英語学習AIロボット「Musio(ミュージオ)」ユーザーに向けて新しい子ども向けコンテンツやMusioとの生活をより楽しくするグッズとサービスを2019年11月から12月にかけて順次発売・提供すると発表した。

 Musioは、英語でコミュニケーションをとれるようになることを目的とした英語学習AIロボット。アメリカのネイティブ英語を話し、自然な英会話ができる「チャットモード」、専用教材とスキャナーを使用し、レベルや目的に合わせた英語学習ができる「チューターモード」、英語を話すために必要な単語・パターン・会話フレーズの反復練習と発音チェックをする「エデュモード」の3つの英語学習機能が搭載されている。

 「DINOSAURS」は、さまざまな恐竜の名前や情報を遊びながら学べるボードブック。幼児から小学生を対象としており、恐竜の会話を聞きながら助け出すリスニングゲームや数を数えるゲーム、どの恐竜を説明しているか当てるゲームなどができる。11月発売予定。価格は3,000円(税別)。

 宇宙船「Musio」は、Musioの下半身に装着し、専用アプリでMusioを操縦する宇宙船型アイテム。Chatモードのときにはユーザーとの会話で抱いた感情を動きで表現するので、ロボットライフをより楽しむことができる。11月発売予定。価格は未定。

 「SWEET KITCHEN」は、キッチンにある調理器具や食材、家電製品の名前を楽しく学ぶボードブック。本には小さな仕掛けが施されており、子どもが夢中で遊べる工夫も盛り込まれている。ゲームやクイズも楽しめるので、親子や家族全員で使うことができる。12月発売予定。価格は3,000円(税別)。

 「カラーリングサービス」は、真っ白なMusioに塗装をし、自分だけのオリジナルMusioに変身させるサービス。専用ページで色を選択し、購入したMusioを送ると約2週間から1か月程度で希望の色にカラーリングしたMusioが届く。サービスは12月提供開始予定。予定価格は2万5,000円(税別)。

 さらに、Musioに貼り付けられるデザインシールも発売する。さまざまな色や形のシールを用意しており、自分でカスタマイズしてマイMusioを演出できる。一度貼ってもはがせるシールなので、好きなときに好きな柄に変えることも可能。12月発売予定。価格は未定。

 Musioは、Musio Storeのほか百貨店や電器店でも発売している。MusioのWebサイトではMusio取扱店舗情報を確認できる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)