パソコンで手早く文字入力ができる中学生は2~4割

 パソコンで手早く文字入力ができる中学生は2~4割にのぼることが、NTTドコモ モバイル社会研究所が2019年12月11日に発表した調査結果より明らかになった。スマホ・ケータイで手早く文字入力ができる中学生は6~8割。小学生でも同じような傾向がみられた。

デジタル生活 中学生
スマホ・ケータイ所有率(地域・学年別)
  • スマホ・ケータイ所有率(地域・学年別)
  • 文字入力を手早くできる割合(地域・学年別)
 パソコンで手早く文字入力ができる中学生は2~4割にのぼることが、NTTドコモ モバイル社会研究所が2019年12月11日に発表した調査結果より明らかになった。スマホ・ケータイで手早く文字入力ができる中学生は6~8割。小学生でも同じような傾向がみられた。

 調査は、全国に住む小中学生とその保護者を対象に実施したもの。有効回答数は親子1,000組。調査時期は2019年9月。

 子どものスマホ所有率は、小学校低学年は各地域とも1割未満。小学校高学年で1~3割だった。全国的に中学生になるとスマホの所有率は増加。関東が約8割、近畿が約7割、そのほかの地域が約5割だった。

 小中学生がスマホ・ケータイやパソコンで、どの程度文字入力ができるかを調査したところ、子どもが10秒間に5文字以上入力できる割合は、中学生でスマホ・ケータイは6~8割、パソコンは2~4割だった。また、小学生もパソコンよりスマホ・ケータイのほうが手早く文字入力できる割合が高かった。

 モバイル社会研究所は、小中学生が安心・安全にスマホを利用するためのガイドや、親子間のルール作りのポイント、スマホ・ケータイ安全教室の案内などをWebサイトに掲載している。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)