文科省「教育の情報化」手引、GIGAスクール構想受け追補版も

 文部科学省は2019年12月19日、教育の情報化の推進のため、新学習指導要領に対応した「教育の情報化に関する手引」を作成し、Webサイトで公表した。2019年度末には「GIGAスクール構想の実現」などを追加した追補版も公表予定。

教育業界ニュース 教育ICT
教育の情報化に関する手引の概要
  • 教育の情報化に関する手引の概要
  • 新しい「教育の情報化に関する手引」の作成
  • GIGAスクール構想の実現
  • GIGAスクール構想の実現 ロードマップ
 文部科学省は2019年12月19日、教育の情報化の推進のため、新学習指導要領に対応した「教育の情報化に関する手引」を作成し、Webサイトで公表した。2019年度末には「GIGAスクール構想の実現」などを追加した追補版も公表予定。

 「教育の情報化に関する手引」は、新学習指導要領のもとで教育の情報化が一層進展するよう、学校・教育委員会が実際に取組みを行う際の参考となるよう作成したもの。新しい小学校学習指導要領の実施が2020年4月に迫っていることを踏まえ、2019年12月時点で公表した。

 新学習指導要領では、「情報活用能力」を学習の基盤となる資質・能力として初めて位置付け、教科等横断的にその育成を図るとともに、その育成のために必要なICT環境を整え、それらを適切に活用した学習活動の充実を図ることとしている。

 手引は、「社会的背景の変化と教育の情報化」「情報活用能力の育成」「プログラミング教育の推進」「教科等の指導におけるICTの活用」「校務の情報化の推進」「教師に求められるICT活用指導力等の向上」「学校におけるICT環境整備」「学校およびその設置者等における教育の情報化に関する推進体制」の8章で構成している。

 現行の手引の内容を全面的に改訂・充実させ、「プログラミング教育」「デジタル教科書」「遠隔教育」「先端技術」「健康面への配慮」などの新規事項を追加。各学校段階における教科ごと、特別支援教育については学習上の困難・障害種別ごとにICTを効果的に活用した学習場面の分類例、活動の具体例なども掲載している。

 文部科学省では、1人1台端末と高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備し、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させる「GIGAスクール構想の実現」に向け、2019年度補正予算に2,318億円を計上。12月19日には、Webサイトに「GIGAスクール構想の実現」のページを新設し、予算案の概要、学校ICT環境整備のロードマップなどの資料を掲載している。

 手引には今後、「GIGAスクール構想の実現」に向けた事業やロードマップなどの内容をさらに追加。2019年度末をめどに追補版を改めて公表する予定だという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)