JR東日本が実証実験…痴漢行為を受けたらスマホで通知

JR東日本は2月4日、スマートフォンを活用した痴漢防止対策の実証実験を2月下旬から開始すると発表した。

生活・健康 その他
痴漢防止対策の実証実験が行なわれる埼京線。
  • 痴漢防止対策の実証実験が行なわれる埼京線。
  • 痴漢行為を受けた際に行なう通知の仕組み。
  • 実証実験の実施方。2段階に分けて行なわれ、第1ステップではJR東日本の社員やモニターが参加する。実験後にアンケート調査や専用アプリなどの技術的検証、放送内容などの検証を行ない、第2ステップへ移行する。
JR東日本は2月4日、スマートフォンを活用した痴漢防止対策の実証実験を2月下旬から開始すると発表した。

この実証実験では、痴漢行為を受けた際に、スマートフォンにインストールされた専用アプリ上のボタンを押すと、車掌に通報。車掌は通報を受信したタブレット端末に表示される通知内容に基づき、「痴漢を見かけた方はお知らせください」「車内のお客さまより迷惑行為の連絡がありました」「〇号車のお客さまより、痴漢の通報がありました」というような車内放送を行なう。

実施期間は2月下旬~3月中旬で、土休日を除く7~10時頃に埼京線大宮~新宿間で実施。これを第1ステップとし、その結果を踏まえて、6月以降、第2ステップとして再び埼京線車内で実施するとしている。

行為を受けたらスマホで通知…JR東日本が痴漢防止に向けた実証実験 2月下旬から

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)