シャープの学習アプリ「Brain+」検索機能が充実

 シャープは2020年3月中旬、タブレット端末向け統合型学習アプリ「Brain+(ブレーンプラス)」2020年度版の提供を開始する。総合学習パックには、最新辞書や参考書など34のコンテンツを収録。充実の検索機能で「探究学習」にも活用できる。

教育ICT 先生
タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」(画面イメージ)
  • タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」(画面イメージ)
  • タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」(利用シーンイメージ)
  • タブレット端末向け統合型学習アプリケーション「Brain+(ブレーンプラス)」収録コンテンツ一覧
 シャープは2020年3月中旬、タブレット端末向け統合型学習アプリ「Brain+(ブレーンプラス)」2020年度版の提供を開始する。総合学習パックには、最新辞書や参考書など34のコンテンツを収録。充実の検索機能で「探究学習」にも活用できる。

 「Brain+」は、中学校や高校などタブレット端末を導入する教育機関における授業や自己学習、課題発見や問題解決に必要な能力養成を目的とする「探究学習」にも活用できる統合型学習アプリ。

 総合学習パックには、国語辞典 大辞林第四版のデジタル版「大辞林4.0」や英英辞典「Oxford Advanced Learner’s Dictionary(10th edition)」といった最新辞書や参考書、34コンテンツを収録。基礎学習パックには13コンテンツを収録している。

 オプションで豊富な写真や図版とともに解説する「ブリタニカ国際大百科事典 小項目版」を利用できるほか、専用クラウドサービスから英語教材を中心としたコンテンツを追加することもできる。なお、専用クラウドサービスを利用するには、会員向けWebサイト「COCORO MEMBERS」で無料のID登録が必要。コンテンツの追加には別途費用がかかる。

 複数の辞書を横断して検索できる「一括検索」や、Webサイトや教材のわからない単語をなぞると検索できる「コピーワード検索」、各辞書の説明文内の単語まで検索できる「全文検索」など、多彩な検索機能を搭載している。

 アプリは無償でダウンロードできるが、辞書や参考書などのコンテンツの使用には、別売の電子コンテンツライセンスを購入する必要がある。

◆統合型学習アプリ「Brain+(ブレーンプラス)」
形名・収録コンテンツ数:
・総合学習パックON-PA4A(iPad版)/ON-PA4W(Windows版)34コンテンツ
・基礎学習パックON-PB4A(iPad版)/ON-PB4W(Windows版)13コンテンツ
提供開始時期:2020年3月中旬
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)