ロイロ、教育機関対象にiPad無料貸出先を公募…3/31締切

 LoiLoは、2020年度前期のiPad無料貸出先の公募を開始した。1人1台環境を目指す教育機関を対象に、1校につき40台のiPadを無料で貸し出す。貸出期間は4月下旬から9月20日まで。

教育業界ニュース 教育ICT
iPad無料貸出先を公募
  • iPad無料貸出先を公募
  • ロイロノート・スクール
 LoiLoは、2020年度前期のiPad無料貸出先の公募を開始した。1人1台環境を目指す教育機関を対象に、1校につき40台のiPadを無料で貸し出す。貸出期間は4月下旬から9月20日まで。

 2020年度前期iPad貸出しは、1人1台環境を目指す教育機関が対象。セルラーモデルのiPadのため、Wi-Fi環境が整っていない場合でも使用でき、授業支援クラウド「ロイロノート・スクール」上で使えるデジタルシンキングツールも利用可能。iPad貸出料、通信費、ロイロノート・スクールアプリ利用料はすべて無料。

 毎回200件近い応募があり、採択された学校からは「タブレットを使った高い教育効果を実感できた」「タブレット予算化・導入に向けての大きな実績になった」などの声が寄せられている。

 貸出期間は2020年4月下旬から9月20日。貸出台数は1校につき40台。貸出条件は期間内に一度、授業の実践報告書を提出すること。iPadのほか、iPad保護ケースと充電器も貸し出す。

 応募は、インターネットにて受け付けている。締切りは3月31日。先着順ではない。応募は1校につき1回。結果は4月中旬に通知する。

◆2020年度前期iPad無料貸出し
貸出期間:2020年4月下旬~2020年9月20日(日)
対象:1人1台環境を目指す教育機関
条件:貸出期間内に一度、授業の実践報告書を提出
台数:1校につき40台
内容:iPad40台、iPad保護ケース、充電器
応募締切:2020年3月31日(火)
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)