子どもたちの心の揺れを捉えて指導に活かす、大阪市のICT利活用

 2020年3月10日に文部科学省・総務省が開催した「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」のパネルディスカッションから「大阪府大阪市」の事例を紹介する。

教育業界ニュース 活用事例
大阪市の取り組み
  • 大阪市の取り組み
 2020年3月10日に文部科学省・総務省が開催した「学校における先端技術・データ活用推進フォーラム(成果報告会)」のパネルディスカッションから「大阪府大阪市」の事例を紹介する。なお大阪市教育委員会事務局 山本圭作氏、大阪市立滝川小学校 原宏次校長、大阪市立大和川中学校 福島清文校長が発表者として登壇した。

大阪府大阪市の事例について



 最初は、大阪市教育委員会事務局 山本圭作氏による事業概要の説明。大阪市は全市で492校(園)、教職員数約1万7,000人、児童生徒数約18万2,000人。今回の実証校は5校で、約1,000名の児童生徒の情報をもとにデータ可視化システムが構築された。

リシードで全文を読む
《佐久間武》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)