独創的な論文募集、神大「全国高校生理科・科学論文大賞」9/4まで

 神奈川大学は全国の高校生を対象に「第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」の論文を募集している。締切は2020年9月4日。高校生ならではの発想・着眼点で書かれた独創的な論文を募集。受賞論文は作品集として出版される。

教育・受験 高校生
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
  • 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
  • 第18回 受賞作品集「未来の科学者との対話」
 神奈川大学は全国の高校生を対象に「第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」の論文を募集している。締切は2020年9月4日。高校生ならではの発想・着眼点で書かれた独創的な論文を募集。受賞論文は作品集として出版される。

 「神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」は、高校の理科教育を支援する試みとして2002年に創設、今回で19回目を迎える。全国の高校生を対象に、数学、物理、化学、地学、生物、情報、自然、技術などの理科・科学に関する各分野の研究や実験、観察、調査の成果についての論文を広く募集している。応募は個人、グループいずれも可。論文は1万6,000字(A4用紙10枚)程度にまとめる。

 結果発表は12月中旬頃、応募者に通知。優秀な論文には、大賞、優秀賞、努力賞、指導教諭賞、団体奨励賞の各賞を授与し、奨学金や記念品を贈呈する。2021年3月13日には授賞式を開催予定。当日は受賞者の表彰のほか、受賞者による「論文発表」の場を設け、高校生のさらなる研究を促す。

 また、毎年5月には受賞作品集「未来の科学者との対話」を出版。高校生の独創的な発想や成果を広く紹介し、未来をになう科学者への道につながるよう可能性をサポートする。Webサイトでは、応募方法などの詳細のほか、過去の受賞論文のタイトルなども紹介している。

◆第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞
内容:理科・科学に関する研究や実験、観察、調査の成果をまとめた論文を募集
分量:1万6,000字(A4用紙10枚)程度
応募条件:高校に所属する個人または理科・科学系クラブなどの団体、有志グループ
※高等専門学校は3年次生まで
応募方法:論文や応募票など必要書類を2部ずつ用意し郵送で応募する
※募集要項は送付先の事務局に問い合わせて請求する
応募締切:2020年9月4日(月)必着
結果発表:2020年12月中旬
授賞式:2021年3月13日(土)予定
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)