【大学受験】関西大、新入生の友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」開設

 関西大学は2020年7月1日、新入生のための友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」を開設したことを公表。新型コロナウイルスの影響による遠隔授業の実施で、新入生同士が顔をあわせて交流を図る機会がないため、新入生をサポートするために立ち上げた。

教育・受験 大学生
友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」開設
  • 友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」開設
  • 新型コロナウイルス感染症に対する事業活動等の基準
 関西大学は2020年7月1日、新入生のための友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」を開設したことを公表。新型コロナウイルスの影響による遠隔授業の実施で、新入生同士が顔をあわせて交流を図る機会がないため、新入生をサポートするために立ち上げた。

 大学生活のスタートを切る入学式の中止、春学期の遠隔授業の実施などで、友達づくりができずに不安だという声が多数寄せられていた。そこで、学生の父母・保護者の会である関西大学教育後援会が、新入生をサポートするため、大学と協力し、新入生友達づくり支援サイト「触れずにフレンズ」を立ち上げることにした。

 サイトは、関西大学インフォメーションシステムのID/PWを持つ人だけが入れる空間で、掲示板への書き込みを通して、新入生同士の交流を図ることができる。詳細は、7月1日の新入生向けのインフォメーションシステムで確認できる。サイトには、新入生と事前に許可された世話役となる上位年次生のみがアクセスできる。

 関西大学は、新型コロナウイルス感染症に関する対策本部会議において、今後の第2波に備えて、事業活動などの基準を指針として策定した。7月6日現在はレベル1とし、大阪府または近隣府県からは外出自粛等を促す注意喚起がなされていないが、国内で感染者が発生し、感染拡大への注意が必要な状況。授業についてはレベル2の扱いとし、学部は、原則、遠隔授業とする。ただし、学部長が認めた科目については、感染拡大防止に十分留意しつつ、対面型授業を行うこともできる。大学院は遠隔授業を推奨するが、感染拡大防止に十分留意しつつ、対面型授業を行うことができる。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)