【自由研究】災害・非常時・ものづくりに役立つ、ロープの結び方の基本を学ぼう

 新型コロナウイルスの影響で、家の中で過ごす機会がとても多くなった今、家の中でも練習することができて、災害時や非常時に役立つだけでなく、工作やものづくりにも応用できる「サバイバルロープワーク」。ロープワークの基本を「子供の科学 2020年6月号」より紹介する。

教育・受験 小学生
「子供の科学 2020年6月号」
  • 「子供の科学 2020年6月号」
  • 「子供の科学 2020年6月号」
  • 「子供の科学 2020年6月号」
  • 「子供の科学 2020年6月号」
  • 「子供の科学 2020年6月号」
 新型コロナウイルスの影響で、家の中で過ごす機会がとても多くなった今、家の中でも練習することができて、災害時や非常時に役立つだけでなく、工作やものづくりにも応用できる「サバイバルロープワーク」。

 アウトドアやサバイバルの技術を身に付けて「生きる力」を育むロープワークの基本を「子供の科学 2020年6月号」より紹介する。ロープさえあればどこでも挑戦できるので自由研究にもおすすめしたい。

 取材協力・文:かざまりんぺい/イラスト:ほんだあきと

ロープワーク基本の10選をマスター



 「ロープワーク」と聞くと、何か難しそうに感じるかもしれないけれど、実は身の回りのいろいろな所に、ひもやロープを結ぶ機会がある。靴のひもやネクタイを結ぶのもロープワークだ。このロープワークがおもしろいのは、目的に合った結び方をすることによって、「結ぶとき、ほどくときは簡単なのに、結んでいる間はほどけにくい」という所なんだ。

 私たちの先祖は、ロープや縄1本で家を建て、橋を架け、さまざまなものをつくってきた。また服も、帯などのひもを結んで着ていた。つまり、ロープワークは人間が生きていくで、火を使つかうことと同じくらい重要な技術だったんだ。

 野外の活動、例えばキャンプや登山では、さまざまな道具が発達した今でも、ロープワークの出番がたくさんある。特に、生きるすべてを最小限の道具で過ごさなければならない「サバイバル状況下」では、私の先祖の時代と同じように、ロープワークができるかどうかが、生き残れるかどうかのポイントになる。そして、これは災害時にも同じことがいえるぞ。

 ロープワークの基本は「結び留める」、「つなぐ」、「輪をつくる」、「縛る」の4つだけ。後は、その応用や組み合わせだ。さあ、キミもイザというときに備え、ロープワークの基本をマスターしていこう。

用意するもの



 練習用に用意するロープは、直径10mmで長さ3mくらいのロープがいい。もしなければ、身近にあるヒモでもOK。





 6「ふた結び」(Two half hitches)、7「自在結び」(Tautline hitch)、8「巻き結び」(Clove hitch)、9「はさみ縛り」(Shear Lashing)、10.「角縛り(十字架縛り)」(Square Lashing)は「子供の科学 2020年 6月号」本誌でご覧ください。そのほかシェルターやジャングルベッド、ツリーハウスの作り方まで、ロープワークを応用したものづくりなど見どころ満載です。

<協力:誠文堂新光社>
子供の科学 2020年 6月号 別冊付録付 [雑誌]

発行:誠文堂新光社

★特集 災害、非常時、ものづくりにも役立つ サバイバルロープワーク
●別冊付録 38億年をかけめぐれ! 生命の進化 大すごろく
●生命進化の秘密を握る 古細菌アーキアを追え!!
●はじめようジブン専用パソコン マイクロビットの「逃げゲー」を完成させよう
●おもしろ工作開発現場 コドモノカガク製作所 立体コロコロ迷路


子供の科学 2020年 7月号 [雑誌]

発行:誠文堂新光社

★特集 食材を操るサイエンスを知ろう 料理のロジック
●小さな博物館の大きな挑戦 ティラノサウルス復元模型製作記
●はじめようジブン専用パソコン 感染症拡散シミュレーション
●とじ込み付録 ペーパークラフトロボット Craftel


子供の科学 2020年 8月号 特大号 別冊付録・とじ込み付録付 [雑誌]

発行:誠文堂新光社

★特集 実験教室のスペシャリスト 市岡元気先生の超・実験術
●釣りを通じてお魚研究!? ルアー開発現場へGO!!
●別冊付録 キミのまわりに眠るお宝コードを探せ! QRコードプログラミングBOOK
●とじ込み付録 算数パズル 三色問題の謎を解け


《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)